【第31回東京国際映画祭】TIFFならではの秀作集う映画ファン必見部門

10月25日(木)〜11月3日(土・祝)開催!
 1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した東京国際映画祭(以下 TIFF)が今年もいよいよ開幕。第31回を迎える今年も、日本のみならず近年ますます映画熱高まるアジア、そして世界各国から優れた作品が集結!
〈アジアの未来〉『冷たい汗』
 多彩な部門で、世界に散らばる未来の才能や知られざる秀作を見つめ紹介するのもTIFFの特色の1つ。〈アジアの未来〉部門は長編3本目までのアジアの新鋭監督たちの作品が賞を競うコンペ。今年も中東から東アジアまで活気に満ちたアジア圏の映画が8本集結した。〈日本映画スプラッシュ〉では勢いのある日本のインディペンデント映画の中から、独創的でチャレンジ精神に満ちた作品が集う。しぶきを上げて海外に飛び出す映画を応援するコンペ部門となっている。一方、世界的巨匠や鬼才によるレアな作品を紹介するのが〈ワールド・フォーカス〉部門。世界の有名映画祭で受賞した作品から、巨匠や鬼才の話題作や新作まで、日本で紹介されていない作品を中心に上映。今年はヴェネチア映画祭コンペ出品作の巨匠オリヴィエ・アサイヤス監督作『ノン・フィクション』や審査委員長を務めるブリランテ・メンドーサらが手掛けたフィリピン映画100年記念オムニバス『それぞれの道のり』などを上映。
〈日本映画スプラッシュ〉『銃』©吉本興業
〈ワールド・フォーカス〉『ノン・フィクション』
『第31回東京国際映画祭』

【期間】2018年10月25日(木)〜11月3日(土・祝)
【会場】六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)他
【URL】www.tiff-jp.net