【第31回東京国際映画祭】日本映画の「今」が分かる!今年は役所広司特集も

10月25日(木)〜11月3日(土・祝)開催!
 1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した東京国際映画祭(以下 TIFF)が今年もいよいよ開幕。第31回を迎える今年も、日本のみならず近年ますます映画熱高まるアジア、そして世界各国から優れた作品が集結!
『万引き家族』©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
 日本映画の“今”を世界に紹介する、まさに日本映画のショーケースとなる部門。過去1年の日本映画を振り返り、独自の視点でセレクションした本部門は、日本映画を概観できるとともに、海外にも“日本映画の現在”として認識してほしい部門となっている。それだけに海外の人だけでなく、日本でももう一度見たい、見逃せない作品がめじろ押し! 今年、無名の新人監督と俳優たちが奇跡の大ヒットを生んだ“37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル”『カメラを止めるな!』をはじめ、是枝裕和監督が今年カンヌ映画祭最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』、女相撲とアナキストをテーマにした瀬々敬久監督の最新作『菊とギロチン』、岡崎京子の最高傑作を行定勲監督が実写化した『リバーズ・エッジ』、監督・石井岳龍×脚本・宮藤官九郎×主演・綾野剛による前代未聞のエンターテインメント『パンク侍、斬られて候』など選りすぐりのラインアップ。


『カメラを止めるな!』©ENBUゼミナール
 さらに今年は俳優生活40周年を迎える役所広司をフィーチャー『Shall we ダンス?』『うなぎ』から『孤狼の血』まで俳優・役所広司を語るうえで見逃せない作品をセレクトして上映。
『Shall we ダンス?』©1995 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂DYメディアパートナーズ 日販
『第31回東京国際映画祭』

【期間】2018年10月25日(木)〜11月3日(土・祝)
【会場】六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)他
【URL】www.tiff-jp.net