佐藤将光が挑戦者に齊藤曜を逆指名【11・17 修斗】

対戦が決まった佐藤将光(左)と齊藤曜
1月大会では齊藤がフルマークの判定勝ち

「プロフェッショナル修斗公式戦」(11月17日、東京・後楽園ホール)の追加対戦カードが10月12日、発表された。

 世界バンタム級チャンピオン・佐藤将光(坂口道場一族)が“ザ・ギロチン”齊藤曜(同級世界3位/トイカツ道場)を相手に2度目の防衛戦を行うこととなった。

 2人は今年1月の後楽園ホール大会で対戦。佐藤にとっては世界王座戴冠後の初戦だったのだが、齊藤が得意のグラウンドの展開に持ち込み、代名詞でもあるギロチンであわやの場面も作るなど、フルマークの判定で勝利を収めた。

 その後、佐藤は7月の後楽園大会でトリスタン・グリムズリーを相手に危なげなく初防衛に成功。一方の齊藤は4月の川崎大会で平川智也にまさかの一撃KO負けを喫してしまい、手の届きかけた王座挑戦のチャンスを逃したかに見えた。

 しかし今回、佐藤が挑戦者に齊藤を逆指名しタイトル戦が実現することとなった。

 佐藤としては早いうちにリベンジを果たしてしまいたいところだが、齊藤も先日行われた「Amateur QUINTET.1」では上々の動きを見せるなど、平川戦のダメージを払しょくしつつあるところ。

 佐藤にとっては王者として同じ相手に短いスパンでの連敗は許されない。一方の齊藤も平川戦に続き連敗を喫すれば、1月の勝利は何だったのかと言われかねず、ともに大きなプレッシャーを背負っての戦いとなる。

 またこの日は今大会に出場が決まっていた“レスリングエリート”倉本一真(修斗ジム東京)の対戦相手が岩鬼(フリー)になることも発表された。
[新たに決定した対戦カード]
◆世界バンタム級チャンピオンシップ5分5R
佐藤将光(王者/坂口道場一族)vs齊藤 曜(挑戦者・同級世界3位/トイカツ道場)
※佐藤は2度目の防衛戦

◆バンタム級5分2R
倉本一真(修斗ジム東京)vs岩鬼(フリー)

[既に発表済みの対戦カード]
◆バンタム級5分3R
岡田 遼(同級世界8位/パラエストラ千葉)vs藤井 伸樹(ALLIANCE)※パンクラスバンタム級1位

◆フライ級5分3R
田丸 匠(同級世界3位/NACSER DO SOL)vsオニボウズ(同級世界6位/総合格闘技ゴンズジム)

◆ライト級5分3R
小谷 直之(同級世界4位/ロデオスタイル)vsキャプテン☆アフリカ(同級環太平洋9位/総合格闘技道場コブラ会)

◆バンタム級5分3R
安藤 達也(同級世界10位/フリー)vs南出 剛(同級環太平洋10位/創道塾)

◆ストロー級5分3R
猿丸ジュンジ(修斗ジム東京)vs本田良介(CAVE)※昨年度同級新人王

◆ライト級5分3R
キム・ギョンピョ(韓国/同級世界10位/MMA STORY)vs星野大介(日本/総合格闘技津田沼道場)

◆ライト級5分3R
福本 よう一(同級世界5位/頂柔術・NATURAL9)vsエドモンド金子(BRAVE)

◆ストロー級5分3R
木内“SKINNY ZOMBIE”崇雅(同級世界7位/和術慧舟會GODS)vs安芸 柊斗(同級世界8位/MMA Zジム)