柴咲コウがアパレルブランドをプロデュース



 柴咲コウがプロデュースするアパレルブランド「MES VACANCES(ミ ヴァコンス)」の発表記者会見が11日、都内で行われた。

 発表会で柴咲は、「今年で芸能活動20周年を迎え、映画やドラマ、アーティストとしての音楽活動を通じて今まで多くの方やモノ創りに関わらせていただいた。私のライフスタイルで大切にしている『サステナブル(持続可能な)』に焦点をおいたクリエイターとしても活動できるのではないかと思った」と、ブランド立ち上げた理由を話すとともに、商品についても説明した。

「MES VACANCES(ミ ヴァコンス)」は、 大人の女性の生活環境や自然環境にも配慮した「着る人にやさしい服」をコンセプトとしたブランド。原料や素材はもちろん「生産背景についてもこだわっている」。プレオーガニックコットンを使用するとともに、ヌメ皮や洗濯が可能な素材を取り入れて、長く愛用できる商品を展開していくという。


 柴咲は、女優やアーティストとして活動する一方で、2016年に起業。レトロワグラース株式会社の代表取締役社長CEOを務めている。

 起業したのは「地球環境を考えると消費活動そのものをマイナスに捉えてしまう。でも消費活動を減らしても経済で考えればマイナス。その矛盾を見直しながらポジティブに変換して、そしてその考えを提案する側になりたいと思った」から。それに加えて、「小さなころから自然に興味があった事と、19歳の時に母を乳がんで亡くしたのが大きなきっかけですね。母の病気は何が原因だったのか?とすごく、すごく考えました。それから、衣食住に関わることに注目している」という。昨年9月にはレトルト食品「LTG FOODS」を発売した。

「MES VACANCES」のアイテムはオンラインストアで10月下旬から発売予定。現在、会員登録を受け付けている。



橘ケンチ、ふるさと祭りで初の食レポ
華やかな客演陣が揃った ろりえ『ミセスダイヤモンド』
「大きな決断をした」滝沢秀明に20年ぶり共演の長塚京三が「15歳のころから変わってない」
今年の漢字都内でも発表! 吉岡里帆「瞬」、千葉雄大「渡」
【読プレ】バスケ×友情×恋。青春映画の傑作が誕生『春待つ僕ら』
ミニシアターのシネコン「アップリンク吉祥寺」開館