超絶イケメンのヘタレ男子を演じた中川大志「マスコミが来てるから猫かぶらないと」

 映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶が12日、都内にて行われ、主演の中川大志、ヒロイン役の唐田えりからが登壇した。

 同名の人気漫画を『片腕マシンガール』の井口昇監督が実写化した青春ラブコメディー。中川演じる“超絶イケメンの愛され男子”だが実は恋愛経験ゼロの“ヘタレ男子”と、唐田演じる難攻不落のクール女子との恋を描く。劇中、唐田が中川に“逆壁ドン”をするシーンも話題を呼んでいる。

 この日は“花男”で大ブレイクした中川をはじめ伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英という注目の若手俳優に加え、教師役の小池徹平も登壇するとあって、客席には応援ボードを持ったファンで満員。
超絶イケメンのヘタレ男子を好演した中川大志
「初日は本当にドキドキする」という中川。映画にちなみ、登壇者の中で一番のヘタレ男子は、との質問に「ヘタレの人って(この中に)いなくないですか」と答えるも、井口監督から「中川さんは怖がりなところが多いかも」と暴露されてしまい苦笑。「今はけっこう大丈夫なんですよ」と反論しつつ「こういう場に立つと緊張してしまいますけど」と繊細な一面を見せた。そんな中川に共演者たちも意外そうな顔。すると「マスコミの方もいるので猫かぶらないと」と自ら打ち明け、会場の笑いをさそった。
話題作『寝ても覚めても』でも注目の唐田えりか
 さらに、この中で一番の“愛され男子”はとの質問に、共演者絶賛の小池や井口監督、いじられ役の若林の名前が上がるも、譲り合いのような状態に。するとすかさず中川が「客席を見たら僕たち全員、愛されてるじゃん」と見事な一言。会場から拍手が起こるも、伊藤が「言った後に“言ってやったぜ”って顔するのはやめろ(笑)」と中川の“ドヤ顔”にツッコミを入れ、会場は大きな笑いに包まれた。映画は全国公開中。
小池徹平、伊藤健太郎
甲斐翔真、若林時英