ベストジーニストに中島裕翔と菜々緒! 菜々緒は殿堂入り

菜々緒ポーズも見納め? カメラマンの要求で右に左にポーズを取り続けた
「第35回ベストジーニスト2018」の発表と授賞式が15日、都内で行われ、一般投票で最もジーンズが似合う人を選ぶ「一般選出部門」で、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)と菜々緒が受賞した。菜々緒は3年連続での受賞となり、殿堂入りとなった。

「前回ご一緒させていただいたときに、また来年も一緒に受賞できたらいいねなんて言ってたんですけど、言霊っていうのは大事にするものだなあって」。菜々緒がそういうように、今年のベストジーニストも、中島と菜々緒の顔ぶれになった。

 2年連続の受賞となった中島裕翔は、先輩たちも受賞してきたベストジーニスト賞は「あこがれのひとつ。僕の歴史の中に残る賞」だとし、「平成最後のベストジーニスト賞をHey!Say !という名の付くグループの私が取ることができてとてもうれしく思います」と、コメント。殿堂入りまでリーチ。中島は「カメラマンさんから殿堂入りの笑顔を!と求められるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 一方、菜々緒は 今年で殿堂入り。「今回3度目の受賞で殿堂入り。ジーンズのように長く愛される人間になりたい」と、コメント。ゴールドの盾を手に笑顔を浮かべ、「3年連続で賞をいただくということがはないと思うので家宝にしたいと思う」と話した。
殿堂入りの盾はゴールド!
 他受賞者は、協議会選出部門が荻野目洋子、高橋一生、長谷川潤。Amazon Fashion Week TOKYO × 協議会選出部門が、デザイナーの有働幸司氏。一般新人部門が小澤華花、キッズ部門のキッズジュニア賞は黒江心温、佐藤彩愛、SHOWROOM特別賞が坂本愛莉だった。