ロンダ・ラウジーがニッキー・ベラにきつ~い一言をお見舞い【10・15 WWE】

マイクでベラ・ツインズを挑発するロンダ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
先週のロウで仲間割れ

 WWE「ロウ」(米国現地時間10月15日、ペンシルバニア州フィラデルフィア)でロンダ・ラウジーとベラ・ツインズが激しい舌戦を繰り広げた。

 先週のロウではロンダはベラ・ツインズとトリオで出場し、勝利を収めたものの直後に襲撃を受け、さらに「エボリューション」でニッキー・ベラとのロウ女子王座戦が決定するという激動の展開を見せた。

 この日、ロンダはロウのリングに登場。襲撃の説明を求めるとベラ・ツインズがステージに現れ、「これはショービジネスでフレンドシップじゃないのよ。あなたは王座に挑戦する価値、ましてや王者になる価値はない。私たちの功績がなければ、あなたの持つロウ女子王座も存在しないんだから」とロンダに罵声を浴びせた。
セキュリティが割って入るが…(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
「ニッキーはジョン・シナの寝室のドアを蹴り破っただけでしょ」と挑発

 これを聞いたロンダは「ベラ・ツインズは彼が偉いからやってこれたんでしょ。私は人生を賭けて柔道、ストライクフォース、UFCのドアを蹴り破ってきた。そして今はWWEよ。ニッキーはジョン・シナの寝室のドアを蹴り破っただけでしょ」と挑発した。

 ニッキーとシナは長く恋人関係にあったが、破局。その後、復縁報道も流れている関係だ。

 このロンダの発言で一発触発となったが、ベラ・ツインズはセキュリティを引き連れてロンダと対峙。

 しかしロンダはセキュリティ2人を投げ飛ばし、さらにスタンディング・リバース・肩車で蹴散らすも、ベラ・ツインズはその隙に姿を消してしまった。

 ロンダ対ニッキーのロウ女子王座戦はWWE史上初の女子のみのPPV「エボリューション」(日本時間10月29日、WWEネットワークで生配信)で行われる。