「WWEワールドカップ」前哨戦でミステリオとオートンが勝利【10・23 WWE】

619を決めるミステリオ(右)(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
ミステリオの「今、やってやる」で急きょシングル戦実現

 WWE「スマックダウン」(現地時間10月23日、ニュージャージー州ニューアーク)で「WWEワールドカップ」に出場するレイ・ミステリオとザ・ミズ、ランディ・オートンとジェフ・ハーディがそれぞれシングル戦で対戦した。

 ミズTVにゲストとして出演したミステリオはミズにWWEに復帰した理由を聞かれると、「俺は闘うために戻ってきた。今、やってやろうじゃないか」とミズを挑発。急きょ2人のシングルマッチが実現した。

 ミステリオはスライド式トペ・スイシーダやクロスボディーを決めてミズを攻め込むが、ターンバックルに誤爆してしまい形勢逆転。一時はミズの猛攻を許したが、最後はハリケーンラナからの619をミズに決め、ダメ押しのボディースプラッシュでカウント3。ミステリオが勝利を収め、その実力をアピールした。
オートン(右)の残虐な攻撃にジェフは悶絶(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
オートンがラフ殺法から最後はRKO

 メーンイベントではオートンとジェフが対戦。オートンはジェフをスチール階段に何度も叩き付け、さらに耳を引っ張るなどラフ攻撃で攻め立てる。

 劣勢のジェフはコーナートップからウィスパー・イン・ザ・ウィンドやツイスト・オブ・フェイトを決めるが、追い打ちの場外へのスワントーン・ボムを自爆してしまう。

 最後はダメージを負ったジェフが再びツイスト・オブ・フェイトを狙ったところでオートンがRKOを決めてカウント3。前哨戦を勝利で飾った。

 WWEワールドカップは「クラウン・ジュエル」(日本時間11月3日、WWEネットワークで生配信)で開催。この日前哨戦を行った4人の他にジョン・シナ、カート・アングル、セス・ロリンズ、ドルフ・ジグラーが出場する。