ノンスタ石田×矢本悠馬が麻雀で激突! 大ヒット麻雀コミックがついに実写化!『ノーマーク爆牌党』

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明と若手個性派俳優・矢本悠馬がダブル主演を務める『ノーマーク爆牌党』が10月27日より公開される。同作品は、多くの麻雀漫画を手掛けた、片山まさゆき原作の大人気コミックを実写化したもの。相手の手牌を読み切り、余り牌を狙うという天才的な打牌「爆牌」を武器にする爆岡弾十郎を石田が、そして、爆岡のライバルで「爆守備」と呼ばれる堅い打ち筋で麻雀を打つ鉄壁保を矢本が演じる。そんな2人が同作品への熱い思いを語る。
撮影・福田賢太
 クールな天才雀士・爆岡を演じる石田。普段と違うワイルドな見た目が印象的。役作りのため?

石田「いや、かつらですし(笑)。自分でも鏡を見た時、大丈夫かなって思いました。メイクさんとかも半分笑いながらかつらをかぶせてましたから。でも逆に、これをかぶっている間は爆岡にならなきゃって思っていたかも知れませんね。ちゃんとしなきゃいけないなって」
矢本「僕はこんなに見慣れない事ってあるんだなって思って見てましたけど(笑)。僕の中ではノンスタイルの石田さんって、短髪をきっちり分けていて、さわやかな感じだったのに、こんなボサボサなロン毛って(笑)。恥ずかしくなかったですか?」
石田「恥ずかしかったよ」
矢本「しかもめちゃめちゃかっこつけるキャラクターでしたよね(笑)」
石田「普段はしないですから。そういうのは井上に全部任せているので。かっこつけは彼が担当ですから(笑)」
矢本「相談すれば良かったじゃないですか。かっこつけのプロに」
石田「いやいや、これ井上に見られたら、一生、井上の事いじれなくなる(笑)。だから井上だけには見せないように死守します。そこは矢本さんの役の鉄壁のように『爆守備』で(笑)」
矢本「でも、かっこつけも大分慣れてきてましたよ」
石田「いや、無理ですね。でも全体的に恥ずかしかったけど、麻雀やっている時って、みんなポーカーフェイスだから、麻雀のシーンはそんなに苦じゃなかったですね。ただ、長澤茉里奈ちゃんとラブシーンみたいなところがあるんですけど、そこはすごい恥ずかしかった。もともと最初の第1稿の本では、ホテルに連れ込んで押し倒すシーンがあったんです」
矢本「ありましたね」
石田「これはもう、必死に頭下げて、“これだけは勘弁して下さいって”言いました。でも、その前になくなっていたみたいで、“そのシーンありませんよ”って言われて。先になくなっているのに、求められてると思って調子に乗ったみたいになって、二重で恥ずかしかった(笑)」

撮影・福田賢太
 髪形だけでトークが広がる息の合った2人。撮影の合間も「ずっとふざけていた」(石田)と言うほど。しかし映画では…。

石田「コメディー要素が強い僕と矢本君じゃなくて、まさかのコミカル部分を、巨乳グラビアアイドル・長澤茉里奈ちゃんと2.5次元イケメン俳優・高崎翔太君が担当している (笑)。いい意味でお客さんを裏切るかも知れないですね」
矢本「僕のファンが原作を読んだら、“矢本君、これ相当ふざけるんだろうな”ってスイッチ入れて見に来ると思うんですけど、まったく普段のイメージと違うから…俺、大丈夫ですかね?(笑)」
石田「そう。この2人だからいろいろやってるんだろうなって思われてる」
矢本「2人の掛け合いで笑いをやるっていうイメージが強いけど…」
石田「掛け合わないから(笑)」
矢本「掛け合わない。爆岡に一方的に言われて黙っている」
石田「そして俺は去っていく」
矢本「そして俺は心の中で喋っている(笑)」
石田「お互いの良さを殺しながら、新たな境地を開いたというね(笑)」
矢本「でもギャップがおもしろいんじゃないですか。鉄壁って保守的で守備的な人ですけど、それは自分の中の引き出しから引っ張り出して表現していましたが、感情が出てくるところとか男っぽいところは、本来の矢本悠馬をぶつければいい。鉄壁を通して、僕の男らしさが出る瞬間があるので、そういう意味ではギャップのギャップみたいな感じで見てもらえるかも知れません」

撮影・福田賢太
 麻雀はもともとやっていた?

石田「僕はやっていましたけど、東京に出て来てからはあまりやってないな…」
矢本「僕は全然。台本に書いている事も読めないところもあったし、そもそもタイトルの“爆牌”が読めなかった“ばく…ひん?”みたいな。だから牌の持ち方とか、公式の所作を教えていただいて…」
石田「練習しましたよね、ちゃんと教えてもらって。外切りとか」
矢本「そう、手つきがいろいろあるんですよね」
石田「僕なんか移動中ずっと麻雀牌を持ってやっていました」
矢本「僕も他の現場でやっていて、“最近ハマってるの?”って聞かれたり(笑)」
石田「なんか、めっちゃイキってる人みたいじゃないですか? ドラムスティックずっと回してるみたいな(笑)」
矢本「僕は街を歩きながらもやっていましたから(笑)。1人で飲みに行っては回して、帰りもタクシー待ちの間に回して…」
石田「知らない人には、相当イキがってるなって思われていたかも知れないですね。映画が公開されて、“コレだったのね”って思われれば…」
矢本「いいですけどね(笑)」

 かなりマニアックそうだが、麻雀知らなくても楽しめる?

石田「もちろんです。青春ものですから。微炭酸ですよ。最終的にスカッとする」
矢本「そう。鉄壁が爆岡というライバルに出会い、自分と向き合いながら成長していく。鉄壁に感情移入してもらえれば間違いないです。爆岡に感情移入したらヤバい奴ですけど(笑)」
石田「自分で言うのも何だけど、感情移入する要素はないよね。むしろ爆岡を見て、自分を見つめなおしてほしいですね。爆岡の要素がないかどうか」
矢本「麻雀界のカリスマですからね(笑)」
石田「やめろや。俺がセリフ間違えたやつイジるなって。 “麻雀界のカリスマ”っていうセリフがあったんですけど、それを“漫才界のカリスマ”って言ってしまった事を今、イジられてます(笑)。めっちゃ恥ずかしいわ」

撮影・福田賢太
 では、麻雀ファンが楽しめるところは?

石田「気持ちいいぐらい牌がくるので、作戦が明確に描かれてるんですよ。麻雀好きな人からすると、あとあとその作戦の意味が分かるみたいな」
矢本「爆岡はそうですね、先の先まで読んでやっているので。もう、ファンタジーに近いぐらい強いので、それは見てて面白いと思います」
石田「絶対ここでこれ切らないだろうというのを切るんですよ」
矢本「意味が分からない(笑)」
石田「プロの人に聞いたら、これは基本的には切らないですけど、本当に勝負に挑む時、20回に1回は切るかも知れないですって言われました。だから、女性と一緒に見たら、多分ドヤ顔できると思いますよ。“本当はこんなの絶対に切らないけど、これをこのタイミングで切るからスゴイんだよね”って自慢できる(笑)」
矢本「いろいろひっくるめて、究極のファンタジーですよね」



『ノーマーク爆牌党』

 アマチュア麻雀界で全国二連覇を成し遂げ、プロ入りが期待されている大学生の鉄壁保(矢本悠馬)は、雀荘どら道楽で九蓮宝燈美(長澤茉里奈)、当大介(高崎翔太)と共に、日々麻雀の腕を磨いていた。三連覇の掛かる大会前日、そこにふらりと爆岡弾十郎と名乗る男(石田明)が現れる。自らを天才と名乗り傲慢な態度で振る舞う爆岡に、宝燈美と大介は鉄壁との勝負を持ち掛ける。相手の余剰牌を狙い撃ちする「爆牌」を武器とする爆岡と、徹底した守備力「爆守備」を武器とする鉄壁。運命に導かれるように出会った二人は、己のプライドと人生を掛けぶつかり合う。

『ノーマーク爆牌党』10月27日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか順次公開!