ミキの亜生、「黒猫ダイアリー」は「お笑い一切なし」

左から、弟の亜生、兄の昴生
 兄弟漫才師のミキが26日、日めくりカレンダー「黒猫ダイアリー -僕とぼくの家族のカラフルな毎日。-」のサイン本お渡し会と3ショット撮影会を都内で行った。

 弟の亜生が飼っている助六、銀次郎、千太郎の3匹の猫との愛情にあふれる日々を日めくりカレンダーにしたもので、4匹目の猫こと兄・昴生も少し登場する。亜生は「お笑いは一切なし。僕と猫が、ただただかわいい。かわいさをぶつけたカレンダーです。女の人がキュンキュンくる、猫好きがキュンキュンする日めくりカレンダーになっています。もうキュンキュンが聞こえる。狙い通りです」
お気に入りのショットは13日。「いつもおとなしくて鳴かない猫がこの時だけ大口を開けている。それをカメラマンさんが見逃さずカシャッと撮ってくれた!」と、亜生
 1日から31日まで毎日、亜生と愛猫と愛にあふれた写真が日替わりで登場。それぞれの写真には元気になる言葉が添えられている。すべて亜生が考えた言葉だといい「自分のことをアイドルやと思って書いた。女性の心をつかむような、女性がきゅんとするようなカレンダーになっています!」という亜生に、昴生が「将来それはどうなりたいの、あなた、それ?」とピシャリ。「芸人を辞めてアイドル!」と亜生が答えると、「あー出た!こいつ、お客さん集めるだけ集めて帰りますよ」とやり返した。

 亜生は今年、このカレンダーの他にも、“イケメン”としての活動が増えたという。その状況について、昴生は「イケメンというよりも可愛らしいって感じですよね」と、落ち着いたコメント。ただ最近になって「お腹を触らせてほしい」など「僕もかわいいと言われ始めてきている。……でも結婚していますから」。亜生が「(結婚を)後悔している?」と聞くと、「はい、後悔している」と即座の反応で、急いで「……流れですからね!流れ!」と力強く否定していた。


 週刊誌に、ガンバレルーヤとの手つなぎデートを撮られた。「しかもダブルデート。よっぽど載せることがない!」と昴生。「東京だし、これ週刊誌とられるんちゃうん?って。僕らも手をつないだらまさか撮られるとは」と、驚いていた。