カイリ・セインがNXT女子王座陥落【10・28 WWE】

カイリの腕を絞り上げるシェイナ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
シェイナ・ベイズラーがキリフダクラッチでTKO勝ち

 WWEで初めてとなる女子だけのPPV「エボリューション」(現地時間10月28日、ニューヨーク州ユニオンデール/ナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアム)でNXT女子王者カイリ・セインがリマッチ権を行使したシェイナ・ベイズラーと王座戦を行った。

 試合前にカイリは「私はシェイナを2度倒している。もう1度倒してやる」と意気込むが、序盤、シェイナに捕まると左腕を集中的に攻撃されて苦戦を強いられる。

 それでもカイリはイカリを決めると、さらに右腕一本で殴り掛かって「カモーン」と逆にシェイナを挑発。その後も行進からの串刺しスピアー、コーナートップから場外へのクロスボディーと攻撃の手を緩めず攻め立てる。

 しかし、場外戦でシェイナを客席に投げ飛ばすと、そこにいたシェイナの盟友でMMAフォー・ホースウィメンのマリナ・シェファーとジェサミン・デュークが試合に介入。エプロンからマリナがキックを見舞うと、カイリはそのままシェイナのキリフダクラッチに捕まりTKO。カイリはNXT女子王座から陥落した。