巧みな試合運びで相手の得意技を封じKO勝利の城戸。久保との対戦を改めてアピール【11・3 K-1】

小柄なトゥフ(右)にリーチを生かしパンチを繰り出す城戸(撮影・荒木理臣)
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」(11月3日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)のスーパーファイトで、城戸康裕とジョナサン・トゥフが対戦した。

 久保の負傷により対戦が延期となった城戸。いつも話題となる煽りVTRに、その久保がまさかの出演。おまけに(?)弟の久保賢司までが小芝居に参加し、会場を大いに沸かせた。前日の軽量では、対戦相手のトゥフのキレッキレな体に、圧倒された振り?をして、本心を読ませない城戸。今回もどんな戦いをしてくれるか期待が膨らむ。

 1Rでは、相手の得意技の回し蹴りなどの回転系を警戒したのか、距離をとって様子を見る城戸。しかし、トゥフのスピードのあるローがローブローに。城戸は顔を歪めながらも、試合が再開されると、積極的にストレートを繰り出していく。終了間際、トゥフ得意の飛び回し蹴りが出るも、決め手にはならず。

 2Rには、城戸が執拗な右のロー攻撃。これが地味に効いているようで、なかなか思うように攻撃できないトゥフに焦りの色が。
 3Rも城戸は右のロー攻撃を続けつつ、パンチをボディーや顔に打ち分けヒット。勝敗は判定に持ち込まれ、3−0(30-27、30-28、30-28)で城戸が勝利した。
トゥフ(左)に執拗なロー攻撃をする城戸(撮影・荒木理臣)
 試合後のマイクパフォーマンスで城戸は新作モノマネ“もしもシリーズ”から、“もしも芦澤竜誠君が武尊に噛みついたら”を披露。受けたかどうかは…?

 トゥフは「すごくタフな試合だった。城戸は頭を使い、距離を取るのがうまい選手。うまく攻撃をかわされた」と、城戸の試合運びのうまさを讃え、さっぱりとした様子。

 城戸は「相手の体が硬くて、まるでサイボーグ。蹴っても蹴っても効かないし、俺の足だけが痛くなっていた。バンバン蹴って、絶対効いていたはずなのに、試合の後、笑って“Take a photo”とか言ってきた(笑)。パプア・ニューギニアは底が知れない」と半分呆れ顔。今後について聞かれると「3月にベルト取るだけです。タイトルマッチで」と久保との対戦を改めてアピール。まさかのピケオーが3月に久保との対戦を希望した事について聞かれると「ピケオー何言ってんの?って感じですよね。67.5kgで1回も試合してないんだから。俺でしょ。何回もやってるんだから、こっちは」と憮然とした表情で答えた。

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」(11月3日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)

◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R
●高下由暉(Fighting Kairos)(3R43秒、KO)迅也(北斗会館浅科道場)〇

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
●優谷(WSRフェアテックス西川口)(1R36秒、KO)横山 朋哉(リーブルロア)〇

◆K-1カレッジ2018 ~大学生日本一決定トーナメント~ -55kg決勝戦/2分3R・延長1R
〇松本日向(明治大学・2年)(2R1分29秒、TKO)岩本元太郎(産業能率大学・2年)●

◆K-1カレッジ2018 ~大学生日本一決定トーナメント~ -60kg決勝戦/2分3R・延長1R
〇提髪和希(神奈川柔道整復専門学校・1年)(3R 1分25秒、KO)下地涼(拓殖大学・4年)●

◆K-1カレッジ2018 ~大学生日本一決定トーナメント~ -65kg決勝戦/2分3R・延長1R
●古河拓実(明治大学・3年)(判定0-3=27-29、28-29、28-30)山本真一郎(同志社大学・2年)〇


◆第1試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
〇松下大紀(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)(1R 2分40秒、KO)FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)●

◆第2試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
〇佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-27、30-27)サム・ヒル(ニュージーランド/City Kickboxing NZ)●

◆第3試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
〇中澤 純(TEAM Aimhigh)(1R1分9秒、KO)ショーン・クランシー(アイルランド/Siam Warriors)●

◆第4試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
〇左右田泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(4R2分31秒、KO/本戦、判定1-0=30-29、29-29、29-29)モー・アブドゥラマン(南アフリカ/Look Borai)●

◆第5試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
●大和哲也(大和ジム)(1R1分32秒、KO)ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)〇

◆第6試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
〇江川優生(POWER OF DREAM)(延長判定3-0=10-9、10-9、10-9/本戦判定1-1=30-29、28-29、29-29)覇家斗(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)●

◆第7試合/スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
〇加藤久輝(ALIVE)(1R1分59秒、KO)RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)●

◆第8試合/スーパーファイト/K-1女子-50kg契約/3分3R・延長1
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(判定3-0=29-27、29-27、30-28)ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/ Allstars training center)●

◆第9試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
〇佐々木大蔵(判定3-0=29-28、30-28、30-27)中澤 純●

◆第10試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●左右田泰臣(延長判定0-3=9-10、9-10、9-10/本戦判定0-1=29-30、30-30、30-30)ゲーオ・ウィラサクレック〇

◆第11試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
〇城戸康裕(谷山ジム)(判定3-0=30-28、30-27、30-28)ジョナサン・トゥフ(パプアニューギニア/Phuket Top Team Gym)●

◆第12試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
〇卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(3R2分28秒、KO)芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)●

◆第13試合/スーパーファイト/-68kg契約/3分3R・延長1R
〇ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)(3R1分29秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)●

◆第14試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●村越優汰(湘南格闘クラブ)(判定0-3=28-29、28-29、28-29)アレックス・リーバス(スペイン/Team Jesus Cabello)〇

◆第15試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
●佐々木大蔵(判定3-0=29-30、29-30、28-29)ゲーオ・ウィラサクレック〇