ハリセンボンはるか、トランプ支持者の帽子をかぶるも“グレート”感無し!

 公開中の映画『華氏119』のイベントが5日、都内にて行われ、ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるか、社会風刺コント集団ザ・ニュースペーパーの松下アキラが登壇した。

 同作は『華氏911』『ボウリング・フォー・コロンバイン』のドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアの最新作。アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプの当選を予測したムーア監督が、トランプ政権の“からくり”に迫る渾身作。

「マイケル・ムーア監督の登場です!」という呼び込みとともに現れたのは、“日本のマイケル・ムーア”春菜とはるか。「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!」という近藤の第一声で、会場は早くも爆笑に包まれた。はるかやMCから「マイケル」と呼ばれ「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!何回言ってるんだよ!」と律儀に返していた春菜だが、会場からも「マイケルー!」と声援が飛ぶと「支持者がいる!改めましてハリセンボンの春菜です。今日のイベントは私なくしては成立しないと自負しております!」と気合たっぷり。
 映画の感想を尋ねられると、はるかは「トランプさんが最初大統領になる気がなかったというところの映像を見ると、今なぜこんな強気な感じで大統領なのか、その合間を考えていく映画だと思いましたね」、春菜は「トランプ大統領だけではなくてアメリカ全体が抱えている問題だったり、日本ではあんまり報道されていないところも分かって勉強になったし、アメリカだけではなくて世界の問題なんだよっていうところも分かりました」と、2人とも真剣なコメント。

 さらにこの日は、トランプ大統領に扮した松下が登場。「重要な案件はツイッターで発信する。どうでもいいことは記者会見で話す。この映画でアカデミー賞狙っている。ノーベル平和賞取れなかったから」と挨拶をすると、ツボをついたトランプ大統領のモノマネに会場も爆笑。続く“トランプ大統領クイズ”では、タバコを吸わない、4回も破産を経験している、などトランプ大統領にまつわるトリビアが次々と紹介され、ハリセンボンの2人も、すっかりトランプ通に。

 正解数が多かったはるかには“Make America Great Again”と記された、トランプ大統領や支持者がかぶる帽子がプレゼントされたが、どことなく残念な姿に、春菜は「かぶるとなんか貧相に見える。退院許可出た直後みたいな…」とコメントしていた。

『華氏119』は全国公開中。