東京医大の追加合格対象は101人

〈NEWS HEADLINE〉PHOTO OF THE MONTH【2018.10.5〜18.11.8】
救済措置について説明する林由起子学長(写真:つのだよしお/アフロ)
 東京医科大学は11月7日、会見を開き今年と昨年の医学部入試で、不正な得点操作により合格ラインに達していたのに不合格とされた受験生への救済策を発表。対象者は101人に上った。林由起子学長は救済の対象者が101人に達したことに関しては「あまりにも多くて愕然としている」と話した。受験料の返還といった金銭的な補償については第三者委の報告を待って検討していくとし、明言を避けた。