海の上で極上のディナーを体験

シャトルボートでお台場を目指す
 お台場に浮かぶ水上レストラン「Suship」が話題だ。ディナークルーズ船でもなく、屋形船でもなく、水上レストラン。極上のメニューが食べられるというクオリティーの高さが人気の秘密のようだ。しかも、そのレストラン船に乗り込むには、シャトルボートで隅田川を下るというアトラクションのようなお楽しみも。

 勝どき橋船着き場からシャトルボートに乗り込み、ライフジャケットを装着。座席に座ると水面と高さがあまり変わらず、揺れもかなり感じる。ゆっくりと出発したボートは、徐々にスピードを上げていく。左右に見えるレインボーブリッジや東京の夜景、そしてそれが水面を反射し、キラキラと輝いている。この幻想的な風景だけで、かなり価値ありなクルーズだ。風を感じながらシャトルボートに乗る事20分。お台場に到着し、シャトルボートからSushipに乗り換える。

富良野牛のすき焼き
 船内は畳に椅子という外国人にも配慮したスタイル。目の前には、「ばら筋子」「石狩の味」「氷頭なます」「カニ味噌かけ」「イカ塩辛 自造り」「富良野牛のすき焼き」がセット。これらの食材はオーナーの故郷、北海道から取り寄せた、目利きによるものと聞いて納得。実際に食べてみると、新鮮で品質のいい食材を丁寧に調理していることが分かる。船上レストランというと作り置きのものが多いイメージだが、Sushipは接続されたキッチンで、提供する前に作っているので、このクオリティーを維持できるという。
大トロと牡丹エビお造り
 前菜をお酒とともに楽しみ、すき焼きに火が通るのを待っていると、「毛蟹のお吸い物」「大トロと牡丹エビお造り」が運ばれてくる。こちらも食材の素晴らしさが引き立つメニュー。

1皿目の握り
 続くお寿司は3回に分けてサービスされる。もちろん寿司も握りたて。1皿目はマグロやいくら、ウニなど。2皿目は水だことひらめ。そして3皿目はうなぎやしめ鯖の押し寿司、巻きものなど。全10種類の極上寿司を堪能し、最後はスイーツにお茶でごちそうさま。

 これだけの贅をつくした料理とホスピタリティーあふれるサービス、そして非日常感のあるシチュエーションを提供できるレストランは珍しい。大切なお客様へのおもてなし、東京に遊びに来た家族との思い出作り、昔の友人との再会の場、そしてインスタ映えが大好きな女子会にもおススメだ。

勝どき橋船着き場
 東京という街で、本当においしい食とともにエンターテインメントも味わえるSushipで、非日常の極上体験を。

 料金は、飲み物別で1名1万円(税別)。飲み放題コースは税込みで1万2000円なので、お酒を飲む人にはおススメ。完全予約制だが、空いていれば当日の予約(080-4400-2727)も可能。