二ツ目さん数珠つなぎ【第2回】 春風亭昇也「お客さんとは“一語一会”。今日しかできない落語を見せる」

 落語ブームと言われて早ン十年。ブームはちょっと下火に?と思われているが、とんでもない。その頃まだ落語家の卵だった二ツ目さんが、現在の落語界を盛り上げている。そんなイキのいい元気な二ツ目さんを数珠つなぎでご紹介! 第2回は柳亭市弥さんからの紹介で、春風亭昇也さんが登場!
 夫婦は顔が似てくるとよく言われるが、弟子も師匠に似てくるものなのか。昇也の師匠は、笑点の司会でおなじみの春風亭昇太。丸顔とメガネ、そして周囲をパーっと明るくする佇まいがそっくりだ。

「メガネのせいなのかよく言われます。最近では文珍師匠にも似てるって言われていますが(笑)。実は僕、漫才師だったんですよ。漫才コンビを解散した後、落語家になりました。もともと落語は好きでしたが、解散して次に何をやろうかと考えた時は、落語家になるつもりはありませんでした。好きな落語は趣味のままにしておいたほういいんじゃないかと思っていたので。でも、自分が30歳になった時に、やっぱり落語家になろう!と思っても遅すぎる。だったら先になるだけなっちゃおうって(笑)。うちの師匠に入門したいと思ったのは自分の求める師匠像だったから。まず、古典だけではなく、新作もやっている人。しかも、その新作が大衆的である人。そして面白いというのはもちろんですが、楽しそうに生きている人。こんな大人になりたいなと思える人がいいなと考えると、うちの師匠しかいないと。今は昇太一門に入門できて大正解という気持ちです。11年前に落語家になろうと思った自分を褒めてあげたい(笑)。あの時、ピン芸人になっていたり、新しいコンビを組んでいたりしたら、9割方まだバイトをしていたと思います。多分、結婚もしていなかったんじゃないかな。そう思うと、あの時決断した自分はえらい(笑)!」

 “大正解”な師匠のところに入門し、今年で10年。二ツ目になって丸5年になる。

「二ツ目に上がった年に、“成金”という落語芸術協会の二ツ目によるユニットが発足しました。メンバーは、香盤順でいうと一番上の柳亭小痴楽さんから、一番下の僕までの11人。そのメンバーで、毎週金曜日に落語会をしています。普通はユニットを組んでも月に1回くらいしか開催しないというようなところも多いのですが、“成金”は毎週やる事にこだわりました。会場である西新宿のミュージックテイトさんのご協力があってこそできた企画です。なんとか1年続けてきた時に、ちょっと大きな事をやりたいなという話になり、年末に“大成金”というイベントをする事にした。で、ゲストを呼ぼうとなった時に、桂歌丸師匠、三遊亭小遊三師匠、そしてうちの師匠をブッキングしたんです。二ツ目が、このクラスの師匠を呼ぶなんて普通は不可能ですよ。しかも3人も(笑)。落語界にも、落語ファンにも相当なインパクトだったようで、イベントはもちろん大成功。しかも年明けの一発目から如実にお客様が増えました。その後は、イケメン落語家として小痴楽や昇々が取り上げられたり、新作で鯉八が話題になったり、神田松之丞が大ブレイクしたりと、コンスタントにスターが出て来て、成金のブランド力が強まりました。今や二ツ目の会なのに、チケットが取れないぐらいの人気です」

 昇太一門は超放任主義

「基本的に、うちの一門は放任主義です。放任主義って一見楽なんですよ。一見楽なんですがそうじゃない。むしろ大変です。怒ってくれたり指示してくれたりするほうがよっぽど楽です。放任されるという事は、自分で責任を持って、言われなくても動かなければならない。だからずっと気を張っていなきゃいけないんです。それを覚えるのが、楽屋仕事です。楽屋で気働きを叩きこまれ、相手が何をしてほしいかを判断し、自分から動く事が求められる場。これって、落語にも生きる事で、お客様の反応を見て、その日やる噺を決めるという状況判断を養うことにもつながっています。まあ、単純に言うと、毎日一緒にいる人を気持ちよくできない人が、今日初めて会った人を気持ちよくできるわけがないという理論なんですよ。だから楽屋で気働きできる人はやっぱり売れるんですね。目端がきくから。ちなみに今ブレイク中の神田松之丞はできてませんでしたけど(笑)。でも、彼は突き抜けてるから強い。稽古熱心で、ずっと稽古してたのが実ってますよね。僕は気働きはできるけど稽古嫌いだから(笑)」


 師匠の言葉に込められた思いとは。

「うちの師匠が毎年忘年会の挨拶で一門に“皆さん、来年もプロでありますように”と言うんです。要はこれで飯を食うという事で、人様に迷惑をかけずにお金を稼ぐという事が最低条件だという事。僕ら弟子は何回も師匠のプロ根性を目の当たりにしているので、すごく重い言葉だなと、いつも感じています。プロはどんな状況下でもお客様を最高に楽しませて帰っていただく。以前、師匠の高座の前の演者さんの時間が押してしまって、1時間を予定していた師匠の持ち時間が30分になった事があったんです。そうしたら師匠は「ゲストもいるし、本当は3席やろうと思ったんですが…4席やります!」って(笑)。1席終わって頭を下げて、上げたら次の噺って。もうお客さんは大喜びですよ。で、4席やり切って、一番前のお客さんに「今何時?」って聞いたら「9時15分です」って。その時間がギリギリの時間だという事を、お客さんも知っていたから、最後の最後もどっかーん!とうけた。つくづく師匠のすごさを知り、弟子入りして良かったなと思いましたね」

 師匠のスピリットを受け継ぎ『一語一会』でお客さんに笑いを届ける

「僕は軽いです(笑)。フワッとして後には何も残らないので、気楽に聞けます(笑)。ただ、いつも僕とお客さんは『一語一会(いちごいちえ)』だと思っています。同じネタをやっても、毎回違います。今日のお客さんとの間でしか、今日の落語はできないんです。ですから、その時その時、ギャグを変えたり、中身を変えたり、設定を変えたり、間を変えたり。その日のお客さんの反応を見て、毎回何かしら変化をつけるようにしています。ですから、僕を追いかけてくれると、同じ落語でもいろいろなパターンが楽しめます(笑)。それこそ登場人物が全部変わって落語家になっていたり。そうかと思えば、おじいちゃん、おばあちゃんの間ではきっちりと古典をやる器用さもありますし(笑)。落語を好きになる早道は好きな落語家を見つける事。そうすると、あの人の別の噺を聞いてみたいと思って、そこからどんどん間口が広がっていきます。そういう意味でも、“成金”にはいろいろなタイプの二ツ目がいますし、何と言っても面白い。真打になる前に青田買いもできますし、ぜひ足を運んでいただきたいですね。僕は声や話し方がすごく聞きやすいと評判で、初心者にもとっても優しい落語家です。落語初挑戦で、元気な二ツ目を見るなら、僕、昇也がおススメですよ(笑)」
【プロフィル】
1982年6月18日生まれ、千葉県野田市出身。2008年、春風亭昇太に入門、2013年、二ツ目昇進。出囃子は「東京節(パイのパイのパイ)」。2017年「読売杯争奪激突二ツ目バトル」優勝、2018年「平成29年度彩の国落語大賞」受賞、同年「club Renjaku No.1悪女決定戦後夜」優勝及び特別賞など受賞歴多数。現在、落語芸術協会の二ツ目で結成されたユニット「成金」に所属し、定期的に落語会を開催している。落語芸術協会所属。Twitterアカウント:@shunpuuteishoya

〈今後の主な予定〉
「東西交流落語会」
【日時】11月19日(月)、19時~
【会場】横浜にぎわい座(桜木町)
【出演】春風亭昇也、笑福亭鉄瓶、柳亭小痴楽、桂二乗、桂佐ん吉、三遊亭朝橘

「明治座らくご祭り 2018」
【日時】12月12日(水)~16日(日)、12~14日:18時30分~/15、16日:15時~
【会場】明治座(浜町)
【出演】笑福亭たま、神田松之丞、春風亭昇也、立川寸志(昇也が出演する16日の出演者。別日は違う落語家が出演します)

「大成金」〈第3部〉
【日時】12月23日(日・祝)、18時~
【出演】桂宮治、瀧川鯉八、春風亭昇也、ゲスト=柳亭市馬