音楽で描くオンリーワンの世界【おススメMusic】



「あなたとトゥラッタッタ♪ 」DREAMS COME TRUE


 ドリカムことDREAMS COME TRUEの最新シングル。実に4年ぶり!となるニューシングルは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌としておなじみの楽曲。「夢に向かって奮闘するすべての“あなた”の物語として響く渾身の新曲」とされるこの楽曲は、入場行進曲を思わせるリズムとアレンジと、愛嬌のあるポジティブなリリックと、吉田の伸びやかな歌声の組み合わせで、前に向かっていく感覚がガンガンと伝わってくる。カップリング曲も同様に元気が湧いてくる曲だ。「晴れたらいいね」も最新アレンジで収録。

[J-POP SINGLE]
DCTrecords 11月14日(水)発売 通常盤1204円(税別)



「WAX 」KT TUNSTALL


 スコットランド出身のシンガーソングライターで、映画『プラダを着た悪魔』で使用された「Suddenly I See」で広く知られるKTターンストールの最新アルバム。通算6枚目となるアルバムには、前作の『KIN』からスタートした三部作の第2弾。順に「Soul」「Body」そして「Mind」にフォーカスを当てていくといい、今作は「Body」。アルバムは躍動感あふれる楽曲からスタートし、徐々に深部に目を向けていく印象。本作だけでも十分だが、聞くほどに前作を聞きなおしたくなるはず。

[ROCK ALBUM]
ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ 発売中 2200円(税別)



「溢れた水の行方」緑黄色社会


 愛知県出身&在住の4ピースロックバンドの最新音源。リード曲の「あのころ見た光」を筆頭に、「意気地なし」「Never Come Back」など全6曲を収録している。彼らの特徴は、瑞々しさと透明感、そこに熱を兼ね備えたロックチューン。ありそうでなさそうな要素の取り合わせの楽曲と、“緑黄色社会”(野菜ではない!)という体に良さそうなバンド名も相まって、他にない世界観を作り上げている。いまもっとも注目したいバンドのひとつ。今月末から本作を携えて行う全国ツアーがスタートする。

[J-POP MINIALBUM]
Epic Records Japan 発売中 通常盤2000円(税込)



「MassEducation」St .Vincent


 音楽もファッションといったパーツではなく、彼女という存在そのものが圧倒的なSt .Vincent(セント・ヴィンセント)の最新音源は、昨年リリースし好評を博したアルバム『マスセダクション』をピアノアコースティックに再構築したもの。テイラー・スウィフトやシーア、ロードなどとの仕事で知られるジャック・アントノフを共同プロデューサーに起用して制作。さまざまな装飾をそぎ落とした楽曲たちからは、彼女の音楽の軸が聞こえてくる。シンプルなのに彼女の強烈な世界観を感じる。

[ROCK ALBUM]
Loma Vista / Hostess 発売中 2400円(税別)