東京ミッドタウンのイルミ灯る! 篠原、西島、稲垣『人魚の眠る家』親子が点灯式 



 東京ミッドタウンのクリスマスイベント「MIDTOWN CHRISTMAS 2018」に輝きを加えるイルミネーションの点灯式が13日行われ、映画『人魚の眠る家』に出演する篠原涼子、西島秀俊、稲垣来泉が出席した。

 3人で光る点灯台に手を置くと、周囲の照明が落ちて、周りのビルから漏れてくる灯りだけに。そしてジョン・レノンの「Happy Christmas(War Is Over)」とともに、イルミネーションが輝きだした。

 点灯式が行われた「スターライトガーデン」は、宇宙空間をイメージしたイルミネーション。約100個の光るバルーン球体に加え、しゃぼん玉の演出もある。


 点灯式に参加するのが楽しみだと話していた篠原は「うれしいです。いつも奥の後ろのほうでこうやってこやって(背伸びをして)見ていたりとか、建物の中から見ているので。遠くから見ているのもきれいなんですけど、ここにいるのが考えられないくらい贅沢だなあと。しゃぼん玉が出てくるのがメルヘンチックで素敵だなあと思いました」

 毎年見ているという西島も「本当にきれいですね。星空と宇宙って感じで。感動しました」と、話した。

 クリスマスだけでなく夏のイルミネーションを見ているという稲垣は「青色がすごくきれい夢みたいなイルミネーションで、小さいころから、いろんなイルミネーションを見ているんですけど、そのなかでもすごくきれいなイルミネーションでした。すごくうれしいです」と、コメントした。




 ちなみに、クリスマスの予定は、篠原が「お友達とか家族とか集めて、パーティーを考えています」、西島は「マネージャーに確認したら確実に仕事だといわれたので帰り道に東京ミッドタウンを通って、クリスマスの気持ちを味わいたい」。そして、稲垣は「お姉ちゃんと2人でクリスマスケーキを作るのが楽しみです」。稲垣はまた、サンタクロースには「キラキラした文房具がほしい」とお願いしたそう。
 
 クリスマスイルミネーションは、12月25日まで。「しゃぼん玉イルミネーション」は12月16日まで。

 また、期間中、東京ミッドタウンには、「ツリーイルミネーション」「シャンパン・イルミネーション」、「スターライトロード」が登場。施設内には、恒例となった約1800体のサンタクロースで飾られた「サンタツリー」が登場する。