木村拓哉、初共演・長澤まさみの「仮面を外した顔を見た」

 映画『マスカレード・ホテル』完成報告会見が20日、都内にて行われ、俳優の木村拓哉、長澤まさみ、鈴木雅之監督が登壇した。

 ベストセラー作家・東野圭吾の累計320万部を越える人気シリーズ第1作目を豪華キャストをそろえて映画化した話題作。殺人事件を解決するためにホテルに潜入するエリート刑事役に木村。共に事件の真相に迫る一流ホテルマン役に長澤。2人は本作で映画初共演。さらに木村は刑事を演じるのは本作が初。東野圭吾原作への出演も初となる。
 初の刑事役について木村は「ようやく刑事役のバトンが回ってきたなと思ったんですけど、撮影が始まって次の日にはホテルマンになっていました。潜入捜査ということで、モチベーションは警察官なんですけど、容姿や所作はホテルマンということで。回ってきた警察官のバトンは、ちょっと異色なバトンだったと思います」と、やや苦笑気味に振り返った。さらに長澤らホテルマン役のキャストたちについて「びっくりしたのが(ホテルマンとして)あまりにも皆さんができあがっていて、同じ姿勢や動作をしながら、おかしいなと思っていたら、長澤さんが“私たちは研修を受けたので”と。自分には一切そういう情報は無かった」と言う木村に、鈴木監督は「あくまで刑事ですからね。ホテルマンを演じる刑事を演じてもらうということで(笑)」。木村も「本格的な刑事役は“2”を待ちます」と早くも2作目に期待。

 劇中、木村は無造作ヘアに無精ヒゲというベテラン刑事らしい風貌から、七三分けのホテルマンらしい姿へと“変身”。「初のヘアスタイルだったんですけど、長澤さんからはウケがよかったです」と言う木村に、相棒役の長澤も「本当にお似合いで、さっきも“また切らないんですか?”と聞いたところです」と笑顔を向けた。
 またこの日は原作者・東野圭吾氏からメッセージが寄せられ、余程のことがないかぎり同シリーズ映像化の許諾を出すつもりは無かったことや、実は新田は木村をイメージして書いていたことが明かされ報道陣もビックリ。木村は「撮影をすべて終え、打ち上げの時に東野さんが来てくださって、この話を伺ってうれしかったんですが全部終わってからだったので…。もうちょっと早く教えてくれれば、と思いました(笑)」。それまで監督も知らなかったというサプライズだったが、長澤は「(今回のオファーの前に)私も原作を最初に読んで、木村さんっぽいなと思っていました。誠実でまっすぐな感じが私の中の木村さんのイメージとぴったりだったので」と納得の表情だった。
 作品にちなみ、報道陣から「今回の初共演で、お互いの“仮面”が外れた素顔を見たか」という質問が出ると木村は「撮影中ではないんですが、プライベートで自分が車を運転しているときに長澤さんが帽子やメガネもなくそのままの姿で1人、道をすごくゆっくり歩いていて。空を見ながら、ものすごい笑顔だったんです。完全に仮面が外れた長澤まさみを見ました。本人にも話したところ“天気が良かったからだと思います”とのことでした」と衝撃的な?目撃談を暴露。一方、長澤は「12歳のとき母と、あるファッションビルに行ったときに急に騒がしくなって、どうしたんだろうと思ったら木村さんが入っていった。でもそのときはまさに“木村拓哉”さんだった」とやや悔しげに振り返り「撮影でも、キャストやスタッフに対しても裏表がなくて、皆の頼れる兄貴という感じなんです」と敬服していた。

本作は2019年1月18日より全国公開。