上戸彩、クリスマスプレゼントの思い出は「初めてもらったロングのルーズソックス」



 JPタワー商業施設「KITTE」のクリスマスイベント「WHITE KITTE」ライトアップセレモニーが21日、同所にて行われ、女優の上戸彩がサプライズゲストとして登場した。

 KITTE1階の大きな吹き抜け空間に設置される、雪が降り積もったかのように真っ白な屋内日本最大級のクリスマスツリーが毎年好評のイベント。2013年に始まり今年で6回目を迎える。

 レース柄の真っ赤なロングドレスの上戸がサプライズで華やかに登場すると館内にいた来場客から驚きと喜びの大歓声。上戸も手を振りながら「こんなに大勢の方を前にしたのは久しぶりかも」とうれしそうな笑顔を見せた。

「今年はドラマの撮影が忙しくてまだツリーを飾れていません」と苦笑した上戸。高さ約14.5メートルのツリーを見上げ「本物の木だと伺いました。やはり違いますね。いいなあ、ウチのはニセモノなんですよ。本物のモミの木が余っていないかな(笑)」と、茶目っ気たっぷりにボヤき会場の笑いをさそった。


 過去にもらってうれしかったプレゼントは、と質問されると「中学の時にもらったルーズソックス。それまで3足1000円とかの短めのルーズソックスしか持っていなくて、そのとき初めて買ってもらったのをよく覚えています。穴が開いては、自分で縫っていました」と、中学時代の愛らしいエピソードを披露。一方、自分が贈るものとしては「靴下や下着のプレゼントはクリスマスっぽさがあるので、自分で買わなそうな派手な色の下着を選んでプレゼントします。あと腹巻きとか」と、男女問わずインナーアイテムを贈ることがあると明かした。


 トークの後、上戸がスイッチを押し今年のライトアップを点灯。幻想的なライトがツリーと館内を照らす様子をうっとりと眺め「クリスマスらしい雰囲気に浸っちゃいました。ぜひこの屋内で冬っぽさの雰囲気を味わえるKITTEに来て下さい。私もコッソリ遊びに来たいと思っちゃいました」とアピールした。

「WHITE KITTE」は12月25日まで開催。