デビュー15周年のスキマスイッチが初のクリスマスソング! 新CMで楽団姿



 今年デビュー15周年を迎えたスキマスイッチが初めてのクリスマスソングをイオンの新CMで披露する。タイトルは『クリスマスがやってくる』で、新体操の皆川夏穂と大岩千未来と共演するイオンの新CM「AEON MORE CHRISTMAS」のテーマソング。イオンが発表した。

「本当にハッピーな元気のいい曲」と、スキマスイッチの2人。「もっとクリスマスを楽しんでもらいたいと想いを込めた」という。

 大橋卓弥は「そもそもスキマスイッチの楽曲は季節感を限定するような曲は少ないんです。でも不思議ですが、秋や冬のイメージを持たれることも多く、そんななか今回お話をいただいて、“ザ・クリスマス”の振り切ったクリスマスソングにしようと思いました。今まではいろんな造語でタイトルを作ってきたのですが、今回はシンプルに行こうと『クリスマスがやってくる』にしました。歌詞の内容とか、タイトルはシンプルな方向にしようということになりました」

 常田真太郎も「サビのメロディーなど口ずさみやすいものに、一転してBメロは口ずさみにくい部分もあるので、カラオケでもぜひ挑戦していただければと思います」

 新CMは、「もっと特別な、ごちそうを」「もっと鮮やかな、ごちそうを」「もっとワクワクな、ごちそうを」をキーワードにした、家族や気のあう仲間とクリスマスを楽しむためのごちそうを提案するもの。スキマスイッチは子どもたちと一緒に楽団として登場し、雪の積もった夜の街を行進しながら演奏。そこに、皆川と大岩が登場しリボンを使ったダンスで華やかさを表現する。


 大岩は「練習の時にスキマスイッチさんの曲を流すこともあり、今回のCM撮影では、新曲で踊ることができてすごくうれしかったです」

 皆川は「アップテンポの曲でクリスマスらしい曲だと思った」と、話した。

 スキマスイッチは今年でデビュー15周年。

「すごい数字だなというのは理解していますが、1年1年というか1日1日を必死で過ごしているので実感があまりわかないのかもしれません」と、常田。

 大橋は「たくさんの人に15周年おめでとうと言葉をかけていただけるということは、それだけの人にお世話になってきたんだなということを実感します。あとはやはり、15周年など周年のときにしかできないようなお祭りみたいな、普段やらないようなこともぜひやっていきたい」と、話した。

 CMは、12月2日からオンエア。