2018年輝いた女性たちが堂々ウオーク【VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018】

エキゾチックを意識したという中村アン
「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018」の授賞式が26日、都内で行われた。2018年に圧倒的に輝いた女性たちに贈る賞で、女優、俳優、脚本家などさまざまなフィールドで活躍する女性たちが勢ぞろいした。

 授賞式に出席したのは、梶芽衣子、中村アン、野木亜紀子、森星、松本穂香、そしてデザイナーの青木明子。「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長からトロフィーを受け取ると、それぞれキラキラした笑顔を見せた。

 それぞれ授賞の感想を含めてショートスピーチをしたなかで、感極まったのは中村アン。トロフィーを手に「2018年は実りのある年になった」としたうえで、学生時代に同誌のインターンの面接を受けた時に渡辺編集長と会ったことを明かし、「10年経って、このような素晴らしい賞をいただくことができてうれしく思います」と最後は涙声だった。

森星
 森にしか着こなせないであろうドレスで登壇した森星は「いつかほしいと思っていた賞。今までの自分に頑張ったねって言えるような賞をいただいた」と満面の笑み。「2018年は種まきとチャレンジングな年でした。振り返ってみても。素晴らしい経験をさせていただくチャンスがあふれていた」といい、「自分の強さと弱さが知れた、人生の目的というか、役目を見つけた年でもありました。今年の経験を使って来年も頑張りたい」と、話した。

 ドラマ「この世界の片隅に」に主演した松本は「自分がこんなすてきすぎる賞をいただいてしまっていいのかなという気持ちでいっぱいです。今年はドラマの主役やCMなど、たくさん前に立つことが多かったですが、来年はこの授賞を自信にして、すてきな作品をもっと皆さんに届けられるように頑張っていきたい」と、コメントした。
松本穂香
 他受賞者は以下の通り。

◆VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018 受賞者
あいみょん(シンガーソングライター)※授賞式は欠席
梶芽衣子(女優)
中村アン(女優)
野木亜紀子(脚本家)
森星(モデル)
松本穂香(女優)


◆VOGUE JAPAN RISING STAR OF THE YEAR 2018
青木明子(デザイナー)