ロンダ・ラウジーがナイアに腕折り宣言【12・16 WWE TLC】

リングで舌戦を繰り広げたロンダ(左)とナイア(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
ロンダの「今やってもいい」をきっかけにライオット・スクワッドも加わり大乱闘

 WWE「ロウ」(米国現地時間11月26日、ウィスコンシン州ミルウォーキー/ファイサーブ・フォーラム)でロウ女子王者のロンダ・ラウジーが“フェイスブレーカー”ナイア・ジャックスと舌戦を展開した。

 2人は「TLC: テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ」(12月16日、米カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)での対戦が決まっている。

 ナイア&タミーナがロウのリングに登場するとナイアは「私はベッキー・リンチの顔面を砕いて、長期欠場に追いやった。ロンダからもタイトルを奪ってやるわ」と王座戦に向けて勝利宣言。さらにロンダのモノマネを披露して馬鹿にすると「ロンダの最悪の日はまだ訪れてない」と挑発した。

 するとそこへロンダ本人が登場。ロンダは「バトルロイヤルで勝利したのは評価するけど、TLCではお前の腕を折ってやる。今、勝負してもいいわよ」と一触即発の状態に。しかし、ナイアはこれを拒否すると、タミーナと2人でロンダに襲い掛かる。このロンダの数的不利な状況に盟友ナタリアが救援に駆け付けると、同時にライオット・スクワッドの3人が突如現れてナタリアを襲撃。ロンダとナタリアはナイア&タミーナだけでなく、ライオット・スクワッドとも因縁を深め、王座戦は波乱含みの展開となった。