竹内涼真、ハリウッド俳優から警告「ピカチュウにおいしいところを持っていかれるよ」

 ハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』製作報告会見が29日、都内にて行われ、日本語吹き替え版で主人公の声を務める俳優の竹内涼真が、来日キャスト・監督とともに登壇した。

 同作は、日本で生まれ、今や世界中で多くの世代に愛されている「ポケットモンスター」を題材に『パシフィック・リム』シリーズなどのヒット作を手掛けたレジェンダリー・ピクチャーズが実写化する話題作。主人公ティムのパートナーとなる“見た目はおっさん、しかも人の言葉を話す”ピカチュウの声を『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが演じる。他、ビル・ナイ、リタ・オラ、そして渡辺謙ら豪華キャストが脇を固める。
 会見にはまず、主演のジャスティス・スミス、共演のキャスリン・ニュートン、ロブ・レターマン監督が登壇。現在、編集作業中とのことで「グッドというよりアメイジングな映画になるはず。素晴らしい作品になるようまさに今、東京のホテルでも作業しています(笑)」とレターマン監督。主人公ティム役のジャスティスは「僕自身は来日するのは初めてなのですが両親が日本で出会ったという縁があって、日本に来ることができてうれしいです。役が決まったときはレストランにいて、静かに外へ出てから大声で“やった!”と叫んだよ」と目を輝かせた。

 この日は、日本語吹き替え版でティムの声を演じる竹内も登壇。「まさかポケモンを実写化するとも思っていなかった」と言う竹内は「最高ですよ、だって街中にポケモンがいるんですよ!」と映画の世界観に興奮しきり。
 ポケモン世代という日米の俳優たちと、子供のためにポケモングッズを飼い続けているという監督は、ポケモントークで大盛り上がり。一番好きなポケモンはという質問に「小さいころにワニノコのフィギュアをいつも持ち歩いてたんだ」というジャスティスは「1番はワニノコで、同率2位と3位でゲンガーとフシギダネ」と回答。キャスリンは「私はコダック。今回、共演できるシーンがあってすごくうれしかった」。監督は「僕も本当はコダック。僕も編集作業で頭を抱えてるから(笑)。でもキャスリンにとられたからバリヤードにするよ」。竹内も「僕はカイリューです。カイリューはミニリュウからコツコツ育てていかないとカイリューにならないので思い入れが強いんです」と3人に劣らぬポケモン愛を披露した。

 そしてポケモンが本当にいたら何をしたいかという質問が出るとジャスティスは「フワフワのピカチュウをぎゅっと抱きしめたいね」。キャスリンは「一緒にお茶をしておしゃべりしたい」と答えるもジャスティスから「ポケモンは喋らないよ、今回のピカチュウじゃないと」とツッコミが。予告編を見てポケモンの映像を絶賛していた竹内は「ピカチュウの毛並みが本当にフサフサなので、カリスマ美容師にトリミングしてもらいます」と答え、来日キャストたちからも笑いをとっていた。
©2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2018 Pokémon
 そんな竹内が、ティムを演じるうえでのアドバイスをジャスティスに求めると、ジャスティスは「おいしいところは全部ピカチュウに持っていかれるから気を付けて(笑)」というお茶目な注意とともに「過去につらい経験をしてドライになっているティムと、ピカチュウとのギャップを意識すると、より物語が面白くなると思います」と具体的なアドバイスを贈った。それを聞いた竹内は「これからアフレコなので不安もあったんですけど、ティムを演じるご本人からこういう言葉を頂いて、より頑張ろうと思いました」。さらにジャスティスからアフレコ台本を贈呈され、うれしそうな笑顔を見せていた。

『名探偵ピカチュウ』は2019年5月公開予定。
©2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2018 Pokémon