最後の“世相ブラ”は「平成ブラ」平成のモチーフ詰め込む



 トリンプが毎年製作している世相ブラの発表が、11月29日都内で行われた。今年は平成最後を象徴する『平成ブラ』で、「東京スカイツリー」をモチーフに、ミニスカートやファーなど、平成を象徴するトレンドを盛り込んだ。厚底ニーハイブーツ、パンツ部分に付けられたデコケータイなども、大きなトレンドとなった平成の遺物ともいえる。

 平成は女性の社会進出が大きく進んだ時代であり、影響力や自立した経済力を身につけ、女性自身が消費や文化を創り、けん引するトレンドリーダーとなった時代。今年で最後になる世相ブラのファイナルにふさわしい、平成の女性たちを表現するさまざまなモチーフが盛り込まれたブラとなった。同商品は非売品。

 この日モデルを務めたイメージガールの土屋ひかるは平成3年生まれ。『平成ブラ』についての感想を聞かれ、「自分が学生だった頃に流行していたな、というものが多く反映されている。女性の作り出す流行は力強い」と語った。また、『平成ブラ』をつけて行きたいところはあるか、という質問に対し「もちろんスカイツリー」と即答だった。

 1987年から始まった世相ブラだが、平成最後の年に合わせ、今年で最終作となる。
『平成ブラ』はライトを落とすと輝かしく点灯。これは東京スカイツリーの展望台に点滅する時計光「時を刻む光」を表現している。