恒例のクリスマスリース作りと燻製料理に舌鼓 Farming Event Report【2018.11.25】


 2018年最後となる『ファーミングプロジェクト』のマンスリーイベントが10月25日、千葉・リソル生命の森内のエバーグリーンホースガーデンで行われた。

 今回は毎年この時期の恒例となったクリスマスリース作り。リースの素体になるオアシス(吸水スポンジ)に、生のコニファー、ゴールドライダー、蝦夷赤松、ヨーロッパゴールドを中心に使用してベースを制作し、松ぼっくりや八角、マンリョウやリボンで飾り付けをしていく。まずは、ベースに使用する植物を10cmほどにカット。それを40〜50本用意しオアシスに時計回りに指していく。一回り出来たらバランスを整えて、壁掛け用のバンドと飾り付けをして完成! 参加者それぞれ好みのクリスマリースを夢中で制作した。

 リース作りの後は毎回お楽しみの“青空ごはん”。今回は「燻製料理フェス」。燻製チャーシュー、スモークチキンロースト、燻製ポテトサラダ、燻製ナッツ、燻製アサリのクラムチャウダーとはなまき蒸しパン。食後のデザートは焼き芋。使用したサツマイモは参加者の1人が個人畑で育てたもの。イベント畑では毎年イノシシに食べられて収穫出来ていなかったので、久しぶりの焼き芋だった。青空ごはんと焼き芋で身も心も暖まりながら、来年再開予定の畑でどんな野菜を育てるかアイデアを出し合った。
【運営・問い合わせ】ニ十一世紀倶楽部 千葉事務局 エバーグリーンホースガーデン TEL:0475-35-5560