林健太が新必殺技開発? 謎の公開練習披露【12・8 大阪K-1】

ライト級世界最強決定トーナメントに出場する林健太
パンチのラッシュ? 声だけは気合満点だったが…

 新生K-1初の大阪大会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)で開催されるトーナメントに出場する林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が12月1日、公開練習を行った。

 林は弟の林勇汰相手に1分間の「ミットを打たないミット打ちwith声だけは気合満点」という謎の動きを披露した。

 その後の会見で、林はこの動きについて「新しい必殺技です。これから試合当日までにゆっくり完成させようと思っています」と話した。

 動き的にはパンチのラッシュと思われるが林は「気合です(笑)」と説明。「この前(安保瑠輝也戦)は公開練習でやった“二段パンチ”を出さなかったから負けたんだという声がすごくたくさんあったんで、今回は使うと思います」と続けた。
顔と声は気合満点だったが、林(左)のパンチがミットを叩くことはなかった…
「ゴンナパーを倒すための練習しかしていない。1回戦は気合で勝つ」

 トーナメントでは順調に勝ち進めば準決勝で以前KOで敗れているゴンナパー・ウィラサクレックと対戦するのだが、林は「1回戦とか決勝の対策はなにもやってない。ゴンナパーを倒すための練習しかしていないです」と話し、1回戦については「気合です」と話した。

 トーナメントは現王者の卜部功也がケガのため欠場となったが、これについては「正直なところ、ちょっとほっとした。でもどっちみち俺がトーナメントに優勝したらタイトルに挑戦することになるんで、やらなあかんのは一緒」と話した。

 そして最後に改めて「前回はなぜあの必殺技を使わなかったのかと言われたので、今回は使います。楽しみにしていてください」と締めくくった。