ゲノム編集で双子女児が誕生?

香港で開かれた国際会議に出席した賀氏(中)(写真:AFP/アフロ)
 中国の広東省深センにある南方科技大の賀建奎(が・けんけい)副教授が11月26日、不妊治療中の夫婦に受精卵にエイズウイルス(HIV)感染を防止するための遺伝子変革を実施し、今月に双子の女児が生まれたと発表した。事実とすれば遺伝子を人為的に改変した人間が生まれた最初のケースとなる。賀氏は28日に香港で開かれたゲノム編集技術の倫理問題を話し合う国際会議で研究成果を報告した。