武尊が天心戦について「時期は分からないが必ず実現させようと思っている」【12・8 大阪K-1】

かなり踏み込んだ発言をした武尊(撮影・蔦野裕)
「僕だけではなくK-1も悪く言われることは何よりも悔しい思いがあった」と吐露

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)で行われた「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で皇治を破り、初防衛に成功した武尊が試合後のマイクであえて名前を挙げはしなかったが那須川天心との戦いについて言及した。

 武尊は「団体の壁とかいろいろある。あえて実現できないことを中途半端な状態で言いたくない」としたうえで「時期は分からないが、僕は必ず実現させようと思っている。実現させるだけではなく、勝つ気でいる」などと超満員の8000人の前で口にした。

 また試合後の会見では改めて「すぐにでもやりたい。みんなが見たいというが、僕自身が誰よりも一番やりたいと思っている。でも中途半端な状態で口に出したくなかった。できないのに何の責任もなく発言したらファンを裏切ることになる。だけど、なぜやらないのかということを言われ続けるストレスもある。試合をやってどんな強い選手を倒しても認めてもらえない。それに僕だけではなくK-1も悪く言われることは何よりも悔しい思いがあった。K-1と格闘技界を背負うということを有言実行するためにいろいろ動いてはいるが、それがまだ実現できていない。実現できていないということは、見ている人は“武尊はやる気がない”と言われてしまう。だから今回は僕の意思で言わせてもらった」などと突然の発言に至った思いを語った。

 そして「いろいろな人に直談判しに行ったりした。いろいろ難しいことがたくさんある。糸口が見えていない状態ではないので、あとは実現に向けてアクションを起こす時期だと思っていたので、勝ったら言おうと思っていた。体重は相手に合わせる。やるなら何も言い訳ができない状態でやりたい。でも自分のキャリアとか年齢的にピークでいられるのはあと2年くらいかと思う」などと話した。
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
△蒼士(昇龍會)(判定1-1=29-30、29-29、30-29) 黒田勇斗(隆拳塾)△

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1ライト級/3分3R
〇SEIYA(MAD MAX GYM)(判定3-0=30-29、30-28、30-27)鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス)●

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1フェザー級/3分3R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定0-3=27-30、28-30、27-30)TETSU(月心会チーム侍)〇

◆第1試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長判定0-3=9-10×3/本戦0-0=28-28×3)川﨑真一朗(月心会ラスカルジム)〇

◆第2試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
〇林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-1=28-29、30-28、30-29)ニコラス・ギャフィー (Marbella fight school)●

◆第3試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
〇篠原悠人(DURGA)(1R25秒、KO)ゴンナパー・ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム)●

◆第4試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
〇恭士郎(士魂村上塾)(3R2分15秒、KO)インディゴ・ボイド(Beast Fight Club)●

◆第5試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
〇大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)(判定2-0=30-29、29-29、30-29)リュウ・ウェイ(深?争途格闘クラブ/CFP)●

◆第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
△玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)(1R) 林勇汰(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
※偶然のバッティングにより試合続行不能

◆第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●安保璃紅(team ALL-WIN)(判定0-3=26-30、26-30、28-30) 朝久泰央(朝久道場)〇

◆第8試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
〇林健太(1R2分31秒、KO)篠原悠人●

◆第9試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●恭士郎(2R2分、KO)大沢文也〇

◆第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長14秒、KO/本戦0-0=28-28×3)安保瑠輝也(team ALL-WIN)〇

◆第11試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
〇野杁正明(K-1 GYM EBISU FREE HAWK)(1R1分57秒、KO)松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)●

◆第12試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)(延長判定3-0=10-9×3/本戦1-1=30-30、29-30、30-29) ヨーブアデーン・フェアテックス(フェアテックス)

◆第13試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
〇林健太(3R1分52秒、KO)大沢文也●

◆第14試合/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
〇武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-25×3)皇治(TEAM ONE)●