林健太がライト級世界最強決定トーナメント優勝【12・8 大阪K-1】

林は篠原に逆転勝ち(撮影・蔦野裕)
本命のゴンナパーが1回戦で篠原に秒殺KO負け

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)で行われた「ライト級世界最強決定トーナメント」の決勝で林健太が大沢文也を破り、優勝を果たした。

 トーナメントには当初、同級王者の卜部功也も出場の予定だったが、練習中のケガで欠場。

 対抗馬と目されていたゴンナパー・ウィラサクレックを誰が倒すのか、というところに焦点が移っていたが、そのゴンナパーを1回戦で篠原悠人がわずか1R25秒、KOで下すというドラマチックな展開となった。ほぼノーダメージで最大の難関をクリアした篠原が一気に有利な展開となったが、篠原は準決勝で林をパンチの連打で追い込むも、林が逆に2度のダウンを奪い逆転勝利を収め、決勝に駒を進めた。
大沢は準決勝で恭士郎にKO勝ち(撮影・蔦野裕)
反対ブロックからは大沢が勝ち上がる

 反対側のブロックの準決勝は功也の代役・恭士郎と大沢文也が対戦。大沢は序盤から手数で上回り、2Rには無類の打たれ強さを誇る恭士郎の顔面に飛びヒザを叩き込む。見えない角度からのヒザをまともに食らった恭士郎はたまらずダウン。それでも立ち上がった恭士郎。そこに大沢はなおもパンチの連打。耐える恭士郎だったが、大沢は右アッパーの2連発。ふらつきコーナーを背にした恭士郎に大沢がラッシュをかけると恭士郎は崩れるようにダウン。大沢がKO勝ちを収め決勝に進んだ。
大沢が左フックで最初にダウンを奪う(撮影・蔦野裕)
大沢が先制のダウン奪う

 決勝は1R序盤に大沢がいきなり飛び込んでの左フック一閃。先制のダウンを奪う。

 その後も大沢は距離を取っては飛び込んでパンチ。林がプレッシャーをかけてコーナーに詰めても体を寄せ、林にパンチを打たせないなど、巧みな試合運びでペースを握る。

 しかし2Rに入ると林は大沢をロープに追い込みパンチの連打。大沢はがっちりガードを固め、林の打ち終わりを狙って左フック、アッパーを放っていく。しかし林の連打の圧力は大沢のガードを打ち破り、右フックでダウンを取り返す。林がなおも連打で追い込むと大沢はよろけてロープにもたれかかる。これをダウンと取られ、林が形勢逆転。一気にフィニッシュを狙った林だったが、大沢は根性でしのぎ切る。
右フックを打ち抜く林(撮影・蔦野裕)
林「まずは功也選手に勝ってベルトを取る」

 3R序盤、大沢のストレートに林が左を合わせると大沢はゆっくりと手をつきダウン。立ち上がり最後まで打ち返す大沢だったが、林の右ストレートでぐらついたところでレフェリーが試合を止めた。3R1分52秒、林がKOで勝利を収め、優勝を果たした。

 林は試合後の会見で「今日頑張らな、ファイターとしていつ頑張るのという気持ちで死ぬ気でいった。決勝の大沢選手の試合は左フックをまともに食らいすぎて、何が起こったのか分からなくてテンパったけど盛り返して、こういう形で終われてよかった」とトーナメントを振り返った。

 目標としていたゴンナパー狩りは篠原に越される形となったが今後について「いずれやりたい気持ちはある。まずは功也選手に勝ってベルトを取ってから、ゴンナパー選手とやりたい」と話した。
林は悲願の優勝を果たした(撮影・蔦野裕)
1回戦で篠原はゴンナパーを秒殺KO(撮影・蔦野裕)
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
△蒼士(昇龍會)(判定1-1=29-30、29-29、30-29) 黒田勇斗(隆拳塾)△

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1ライト級/3分3R
〇SEIYA(MAD MAX GYM)(判定3-0=30-29、30-28、30-27)鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス)●

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1フェザー級/3分3R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定0-3=27-30、28-30、27-30)TETSU(月心会チーム侍)〇

◆第1試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長判定0-3=9-10×3/本戦0-0=28-28×3)川﨑真一朗(月心会ラスカルジム)〇

◆第2試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
〇林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-1=28-29、30-28、30-29)ニコラス・ギャフィー (Marbella fight school)●

◆第3試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
〇篠原悠人(DURGA)(1R25秒、KO)ゴンナパー・ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム)●

◆第4試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
〇恭士郎(士魂村上塾)(3R2分15秒、KO)インディゴ・ボイド(Beast Fight Club)●

◆第5試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
〇大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)(判定2-0=30-29、29-29、30-29)リュウ・ウェイ(深?争途格闘クラブ/CFP)●

◆第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
△玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)(1R) 林勇汰(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
※偶然のバッティングにより試合続行不能

◆第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●安保璃紅(team ALL-WIN)(判定0-3=26-30、26-30、28-30) 朝久泰央(朝久道場)〇

◆第8試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
〇林健太(1R2分31秒、KO)篠原悠人●

◆第9試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●恭士郎(2R2分、KO)大沢文也〇

◆第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長14秒、KO/本戦0-0=28-28×3)安保瑠輝也(team ALL-WIN)〇

◆第11試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
〇野杁正明(K-1 GYM EBISU FREE HAWK)(1R1分57秒、KO)松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)●

◆第12試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)(延長判定3-0=10-9×3/本戦1-1=30-30、29-30、30-29) ヨーブアデーン・フェアテックス(フェアテックス)

◆第13試合/K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
〇林健太(3R1分52秒、KO)大沢文也●

◆第14試合/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
〇武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-25×3)皇治(TEAM ONE)●