【FRONT LINE in 韓国】ブランドの信念も人気の理由「LITTLE BLACK」(2)ディレクター兼モデルのへジンさんへのインタビュー

世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド! 【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。第1弾は、韓国! K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします!

今回は日本でもファンが増えているファッションブランド「LITTLE BLACK(リトルブラック)」。ディレクター兼モデルのへジンさんのインタビューです。
写真・PHILIP
――ブランド・ショップのはじまりはいつ頃ですか?また、きっかけを教えてください。

2010年です。現在は夫婦でブランドの運営をしていますが、初めは私が立ち上げました。韓国でECモールが活性し始めた頃です。もともと服が大好きだったのですが、実際にECモールで服を買おうと思った時に、なかなか自分好みのスタイルが見つからなかったんです。クラシックでシンプルなデザインだったり、歳を重ねると品質を気にしたり、子どもが生まれてからは気楽で着心地がいいものだったり……いろいろと探したのですが、自分が着たいと思うスタイルはなかったんです。なので、自分で作って着よう!そして、同じ好みの人たちにもこの服を着てほしい!と思いました。

――ブランンドの特徴やこだわりを教えてください。

純粋に自分が着たいと思う服を作りたいという信念でブランドを立ち上げているので、すべての人を満足させるというよりは、同じ思いの人たちが望むような服を、というところにこだわっていますね。


――夫婦ではじめられたきっかけは?

会社の運営には内部的にさまざまな細かなことがありますよね。1人ではとても負担が多くて、その基盤を整えるために旦那さんも一緒にやるようになりました。

――今、一番人気のアイテムはなんでしょうか?

人気アイテムって誰もが簡単に着こなせるベーシックなものだと思います。なので、インナーやパンツなど、いろいろとありますが、個人的には良い生地を使ったアウターやカシミアのニットをオススメしたいです。


――お洋服のこだわりや、セレクトの基準はなんでしょうか?

自分が着て人の前に立った時に綺麗に見えるな、と自分自身が思うかどうか。これが100%です。この基準を満たしてから、次にコストパフォーマンスを考えます。しかし何よりも、デザインや製品のクオリティーの面で自分が気に入ったものではない商品を人に紹介・販売はできません。ECモールへ「LITTLE BLACK」の商品を出すときも実際に着てみて、自分の感想を商品紹介に書きます。

――ご自身で書いているのですね!

普段着としても人の前に立つときも「LITTLE BLACK」の商品を着ているので、ブランドを立ち上げた当初からずっとです。感想はリアルに書きますね。例えば、実際に着てみたら着心地があまりよくなかったなども、もしあれば書きます。そういったことも、すべて感想を書くので、皆さんに好感を持ってもらっているようで……うれしいです。

――2019年で注目しておくといいアイテムはありますか?

昨年、今年もそうですが、トレンドなどはあまり考えず服を紹介しているので、“最近のトレンド”を反映した服はないんです。ただ、春先はパンツ、ワンピース。夏はこれ、など季節でだいたいあります。私はトレンドに敏感なほうではないのですが、海外に出張に行くたびにそこの服を見て着こなし方など最近の流行りを把握し勉強しているんです。少しずつ勉強した内容を元に自分がどうやってスタイリングして着こなすことができるのかを考えて、「LITTLE BLACK」で紹介しています。


――日本の若者は韓国のファッションにとても注目しているのですが、韓国らしさを取り入れるためにオススメのものはありますか?

韓国の女性はファッションにコンセプトを主張しすぎず、なるべくナチュラルな感じに着こなすのが好きなんです。着飾りすぎず、自然と雰囲気でファションを伝えたいというのがあるような気がします。

――ファッションのトレンドや情報を知るには何か参考にしたらいいものはありますか?

自分が自由に着たい服を着ているので、ないです(笑)! でも、私は日本の雑誌が大好きで、「JJ」や「FUDGE」などをよく見ています。実は毎月送ってもらっているんです。日本の雑誌はモデル、ファッション、コスメなど多様な情報が載っていますよね。それと、出張に行くと、その街の人々からインスピレーションを受けて勉強しています。ストリートファッションを見ていると、こういった着こなし方もできるんだ、など新しい発見もあって楽しいです。また1日中、書店で過ごすこともあります。雑誌を読んだり、ファションモデルのスタイリングブックを見たりしています。
――日本の若者のファションやメイクを見てどんな印象をお持ちですか?

とても可愛いです! 日本の若者はメイクも髪もとても綺麗でスタイリングも上手ですよね。自分の個性を生かしてスタイリングをしているのを見ていると、可愛いなと思います。また、日本の方は韓国の人と比べると自分自身の理解力が高いような気がしています。自分が似合うカラーや洋服の丈などをうまく組み合わせて個性を生かしているなと思います。

――日本で「LITTLE BLACK」のお洋服を買うには?

今は、オンラインショップでのみの販売になっていますが、よかったらぜひ見てみてください。

――最後に、韓国を楽しむために、オススメの場所はありあすか?

「LITTLE BLACK」の基盤が大邱(テグ)なので、大邱のオススメを紹介しますね。最近、若者たちがよく集まるトレンディなカフェがとても多いんです。なので、そういったカフェに行っていただきたい。また、大邱はソウルのように広くないので1日で回れるのもいいところです。

――ありがとうございました。
美しい「LITTLE BLACK」は可愛らしい服、質の良い服をお客様と一緒に着たいという気持ちで始まったブランド。モダン&シンプルなファッションを中心に、美しい大人を目指すすべての女性のための韓国発ショップ。
【住所】122−42 Daebong-dong Jung-gu, Daegu 大韓民国(2階)
【URL】http://littleblack.jp/
【Instagram】@littleblack.jp( https://www.instagram.com/littleblack.jp/?hl=ja

【ひめくりワンダホー】とろくん(1歳10カ月)
【FRONT LINE in 韓国】アパレルを専門の韓国の人気通販サイト「MUSINSA」
【ひめくりワンダホー】りんちゃん(0歳9カ月)
【ひめくりワンダホー】ランちゃん(6歳2カ月)
【ひめくりワンダホー】哲太(てった)くん(1歳10カ月)
Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第33回『遠慮の塊』