鏡を開いて運を開く! 樽酒の振舞いを実施/1月7日(月)の東京イベント

「新春鏡開き~樽酒振舞」日本の酒情報館前にて本日実施
写真はイメージ
 日本の酒情報館では、毎年年始吉例の「新春鏡開き~樽酒振舞」を本日の正午と午後5時の2回実施する。

「鏡を開いて運を開く」と言われる「鏡開き」という伝統行事を体験するとともに、日本酒(樽酒)を分かち合い、2019年の福運を祈願するイベント。当日は、日本の酒情報1階正面の入り口において、参加者の健康と発展を祈願して、日本酒スタイリストや年男年女による『四斗樽の鏡開き』を行い、街行く人々に樽酒を振舞う。
 また正午と午後5時の各回とも、亥年を記念して刻印された“干支枡”をプレゼントします。今回、平成最後となる干支枡は、年男年女はもちろんのこと、毎年集めて十二支をすべて揃える人がいるほど人気。200個の干支升は先着順。開始2時間前から並ぶ方もいるので、狙うならお早めに!

 今回で22回目を迎える本イベントは、各回400人近い人が参加。特に夕方は、仕事帰りのビジネスパーソンも多く、虎ノ門エリアの風物詩となっているほど。木の香りも清冽な樽酒で新年の“祝い酒”を味わってみては。
「新春鏡開き~樽酒振舞」
【開催日時】2019年1月7日(月)
1回目:正午12時~、2回目:17時~ ※各回、樽酒が無くなり次第終了
【場所】日本の酒情報館(港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1階)
【料金】参加費無料
※20歳以上に限る