【冬の鍋特集】この冬のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード

 寒くなったら恋しいのが鍋。鍋は温まるだけではなく、野菜もたっぷり摂れてヘルシーなイメージが浸透。そして、スープさえつくれば、具材を入れるだけという手軽さで、冬の定番人気メニューだ。この冬はどんな鍋がトレンドなのか? 今年流行の鍋が食べられるサイトや店を紹介する。

 屋台屋博多劇場の名物「明太もつ鍋」は、たっぷりの野菜ともつの上にドドーンと明太子がオンされた九州らしさあふれる一品。痺れるほどの辛さではないが、明太子が溶けだしたスープはじんわりと体を温めてくれる。

 明太子は最初から溶かしてもよし、生のまま酒のあてにちびちび食べつつ自然に溶けるのを待つのもよし、食べ方は自分次第。野菜やもつと絡めても、もちろんうまし!だ。

 〆のおススメはチーズリゾット。意外に見える組み合わせだが、これがまた絶品。ぜひお試しあれ。

ご当地どんぶり選手権、島根県の「のどぐろ丼」がグランプリに輝く
初の東京2020公式菓子カテゴリー商品が発売
フランスのトップショコラティエ「パスカル・ル・ガック」が日本初上陸!
プロも愛するエスプレッソを気軽に!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】
銀座の老舗がカレーでコラボ「銀座めぐるめ」
北欧の家庭料理を満喫「北欧料理ビュッフェ」