メイウェザーと対戦の那須川天心「獣の姿を見せられれば」【12・31 RIZIN.14】

那須川天心
自分が勝っている部分も見つけている

「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月29日、東京都内で開催された。

 メーンイベントで行われるスペシャルエキシビションマッチでフロイド・メイウェザーと対戦する那須川天心はコンディションについて「減量がないので、普通にいつも通りの感じかなと思う。試合は絶対やると思っているので、自分を100%出したい。これまでの迎え撃つ立場から、今回はチャレンジャーということでメンタル面もしっかりしています」などと話した。

 試合については「相手は全部自分の攻撃をよけようと思って来ると思うのですが、試合が決まってからやって来たことをしっかりやってパンチを絶対にメイウェザー選手に当てたいと思っています。メイウェザー選手のほうがハンドスピードとかだったり全体的なスピードは上ですが、自分が勝っている部分も見つけているので、うまく利用して、キックの技術を最大限に利用して勝ちたいと思う。一瞬のスピードや間合いはボクシングより遠いと思うのでその点は有利だと思っている」などとしたが、10キロ以上の体重差がある中でメイウェザーが那須川を倒しに来た場合は「全身体能力を使い、“もらわない”ということ。そういう動きをしたいと思っている。仮にもらったとしても、なんとかなる」と最悪のケースも想定していることを明かした。
今回の髪型のテーマは「獣」と明かした那須川
強い主人公は大体金髪

 もっともメイウェザーに対する恐怖心や怖さなどについては「結構あったんですけど、そんなこと言ってられないので忘れました」と話し、今回は発表からここまですったもんだあったのだが、ルールへの不公平感などについては「感じてないです。挑戦なんで」と完全に腹は決まったという感じ。

 最近はずっと金髪で試合に臨んでいるのだが「強い主人公は大体金髪ですよね! 悟空だったり、メリオダスだったり。美容室の方には、今回“獣をイメージして髪を切った”と言われたので“獣”の姿を見せられればいいと思います」と今回の金髪のテーマを語った。

 今回は格闘技界を超えて大きな話題となっているが「結果は分からないが、勇気や覚悟、挑戦する姿、生きざまを見ていただきたい」と話した。

 那須川が会見している時点でメイウェザーはまだ空の上だったのだが、それについては「別になんとも思わないですが、時差とか大丈夫なのかなって(笑)」とこの時ばかりは笑顔を見せた。