豊洲の初競りでマグロが3.3億円

【NEWS HEADLINE-PHOTO OF THE MONTH 2018.12.7〜2019.1.10】
 目で見るニュース、気になるキーワードの解説、話題を集めた発言などなど、使えるニュースをよりコンパクトにお届け!!
(写真:ロイター/アフロ)
 昨年10月に開場した豊洲市場で1月5日早朝、移転後初の「初競り」が開かれた。「一番マグロ」はすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村と水産仲卸「やま幸(ゆき)」の争いとなりすしざんまいが278キロの青森県大間産のクロマグロを3億3360万円で落札した。これは都内の中央卸売市場で記録が残る平成11年以降、過去最高値。これまでの最高額は222キロの大間産マグロの1億5540万円。