ゴーン容疑者が無実主張

【NEWS HEADLINE-PHOTO OF THE MONTH 2018.12.7〜2019.1.10】
 目で見るニュース、気になるキーワードの解説、話題を集めた発言などなど、使えるニュースをよりコンパクトにお届け!!
1月8日、勾留理由開示手続き後、会見した大鶴基成弁護士(写真:つのだよしお/アフロ)
 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が1月8日、昨年11月19日の最初の逮捕以来、50日ぶりに公の場に姿を見せた。この日は私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、ゴーン容疑者の勾留理由開示手続きが東京地裁で行われた。ゴーン容疑者は英語で意見陳述し「日産に一切損害を与えていない。私は無実で不当に勾留されている」と主張した。