片寄涼太と清水くるみがコインランドリーで恋して…『TOKYO COIN LAUNDRY』11日配信スタート

 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演するオリジナルドラマ『TOKYO COIN LAUNDRY』の配信が11日スタートする。東京にあるコインランドリーに通う若手の男性ライターがさまざまな人と出会い、成長していく様子を描いた青春ラブコメディー。片寄と、主人公とコインランドリーで知り合い恋に落ちるカメラマンを演じる清水くるみにインタビューした。
(C)LDH ASIA
ーーオリジナルドラマ『TOKYO COIN LAUNDRY』が配信が11日にスタートします。それぞれご自身の役を演じるにあたって、意識したことなどはありますか?

片寄涼太(以下、片寄):普通の男の子というか、雑誌のライターとして東京に出てきて働いている人の日常に近づけたらなというのはすごく思っていました。
清水くるみ(以下、清水)私は今までに一番やりたかったといっていいほどの役柄。 自分から相手にいろんなボールを投げていくような振り切った役をやりたかったのですが、これまではあまり機会がなかったんです。それだけに、台本を最初に読んだ時には「こういうふうに演じよう」と決めていて、現場でコインランドリーのセットを見ながら「このセリフはこうやって動いて…」みたいなことを1人で考えられたことがとても楽しかったのを覚えています。今見ると「もうちょっとこう演じたかった」と思う部分もあるのですけど、楽しかった感覚が忘れられなくて「またこういう役に巡り会いたいな」と思うほど自分の中で好きな役でした。
片寄:相方でもある寺坂琴音役の清水さんがテンションを高く演じてくれた部分もあるんですけど、僕の演じさせてもらった蔵島はあまり波がない性格というか。だからこそ、内に秘めている辛い部分や悲しかった過去も乗り越えて行くという、物語の終盤に向けて蔵島が成長していくことをとても意識していました。
清水:私が投げるものに対してちゃんと応えてくれる蔵島優斗くんの存在が本当にありがたかったです。寺坂琴音は、ちゃんとキャッチしてくれないとどっかに行ってしまうような役柄だったようにも思います(笑)。

ーー撮影はどのように進めていったのでしょうか?

片寄:監督からは具体的にもっとこうしてほしいというのはそこまでなかったかなと思います。キャスト同士の雰囲気に重きが置かれていたというか、カットもそこまで多く割らずに自然体で撮影を進めていただいたので、1カットに対する集中力は高められた気がします。
清水:私は「こんな琴音になるとは想像していませんでした」と監督に言われました(笑)。

ーーそうだったんですね?(笑)

清水:1話目の出会いのシーンの時にコインランドリーの現場でずっと考えているのを見られていた監督に、「思った通りにやってみてください」とおっしゃっていただいたんです。もしかしたら監督さんの当初のイメージはもうちょっとおとなしくて抑えたものだったのかもしれないですけど、モニターの前から監督の笑い声が聞こえてきて「ありかなのかな」と感じたのを覚えています。

ーー監督もそこでハマッたのかもしれないですね?

清水:ただ、「もうちょっと抑え気味に」とは言われました(笑)。でも、後から出していく作業は大変ですが、出し切れた後は抑える作業なので、役者としてやりやすく役を作っていけた気がします
(C)LDH ASIA
ーーそれぞれ演じられた役柄とご自身の共通点はありましたか?

片寄:ボケ側ではなく、ツッコミ側であるところですかね(笑)。琴音ちゃんが取材先のカフェで暴れたりするシーンがあるのですが、その時「ちょっとちょっと」と止めに入るような冷静な部分は共通点かなと思います。
清水:確かに(笑)。私はこの役をやったことによって結果的に琴音ちゃんに似ていったところはあると思います。役と出会ってどんどん明るさが増していったからこそできた演技でもあって、最近演じた役で琴音ちゃんを軸にして作り上げた役もあったほど、寺坂琴音を演じたことは私にとってとても大きかったです。
片寄:逆に自分はストレートというか、思ったことは表現するタイプなので、蔵島のあまり表に出さない秘めた想いを大切にしているところは優しい男だなと感じていました。最後に見せる男らしさというか、成長した部分も含めてそう感じたんだと思います。

ーー役者さんは、さまざまな環境の人を演じられる面白さがあると思いますが、今作でも演技を通して感じた気づきが多かったと?

片寄:下北沢やスカイツリーといったこれまであまり馴染みのなかった東京の街にも行かせてもらえて、改めて東京ってすてきだなと思えたというか、普段の自分の生活ではなかなか出会えない空気感の中にも足を踏み入れることができたのは新鮮でした。今回演じたようなお仕事で言えば、会社で怒られたりすることも日常茶飯事なのではないかと思うんです。そういった日常の中でコインランドリーに通っていることが少しの息抜きになっていたりだとか、琴音ちゃんと出会ったことがひとつの希望の兆しになったりであるとか、日常のどこにきっかけが隠れているかわからないんだなというのは、この役を通して感じられたことだと思います。

ーー今作ではいろいろなきっかけを経て成長していく人たちの姿が描かれていますが、蔵島優斗と寺坂琴音との出会いもそのひとつですよね。それぞれの演技や印象についても聞かせてください。

片寄:清水さんと最初にお会いしたのは本読みの時で、ノリのいい子なのかなと思いながら接してみたんですが、蓋を開けてみると実は人見知りだったと(笑)。印象としては初対面から気さくに対応してくださったので、明るい方なのかなと思っていたんですけど、実際に話してみるとすごくマジメというか。先ほど清水さんの発言にもあったように、撮影が進んでいくにつれて役の持つ部分も意外とあるのかなとは感じたのですが、本来的にマジメで仕事に対する向き合い方も尊敬できるところがたくさんありました。
清水:私もまったく同じ印象を片寄さんに持っています。最初の本読みの時ってシーンとすることが多くて、その後に現場で仲良くなっていくものだと思うのですが、今回は本読みの時から「同い年ですよね?」と気さくに話しかけてくれたことにとても驚きました。お会いする前はおとなしい感じの方なのかなとイメージしていたのですが、声をかけてもらえたことで現場も温かいものになったと思いますし、そのまま片寄さんが引っ張ってくれた気がします。その後に聞いたら「仲良くなる役でもあったから」と言っていて、役を考えた上でそういうふうにしているのはすごい人だなと刺激を受けました。
片寄:そういう意味で言えば、僕も同い年で真摯にお芝居と向き合っている方とご一緒できて刺激をいただきましたし、勉強させてもらえたと思っています。
(C)LDH ASIA
ーーお互いに役作りも含めて相談し合ったのでしょうか?

片寄:笑える部分というかシュールに面白いシーンが結構出てくるんですけど、そういうところは琴音ちゃんに担ってもらえればみたいな話はしたかもしれないです。ご本人もやる気だったと思うので、思い切りやってくださいといった話はしましたね。役に関してはそんなになかった気がするのですが、清水さんから「台本をどうやって覚えているんですか?」と聞かれたことがあって、どちらかと言えば彼女の方がよほど経験されているはずなので「それは俺に聞かないでくださいよ!」と思ったのはありました(笑)。

ーー清水さんは台本を完璧に覚えて来られる方なんですか?

清水:むしろ逆で、私自身は台本を覚えるのが速くないと思っているんです。だから、私だったら時間がかかるだろうなと思うような長ゼリフを片寄さんは覚えていたので、「どうやって覚えるんだろう?」と思って聞いたんです。そうしたら、「普通に読み込んで覚えます」と言われて「あっ、そうですか」みたいな!(笑) そこで、私は声の流れやリズムで覚えますというのは言いました。
片寄:言ってましたね。歌うのも好きだと言っていて、それこそ舞台やミュージカルも経験されているので、そういうセリフの覚え方もあるんだと話を聞いて思ったのを覚えています。

ーー清水さんの演技に触発されたこともあったのではないですか?

片寄:吹っ切れ感というか、自ら面白さをさらけ出して演じ切るというのは勉強になりました。その後に『PRINCE OF LEGEND』という作品の撮影に入ったんですが、朱雀奏という役でコメディーのエッセンスを出す時の参考にもなった気がします。
清水:ありがとうございます。そう言っていただけるのはうれしいです。

ーー多くの注目俳優さんとご一緒されました。

片寄:コッセこういちさんは、舞台もやられている方なんですが、洗濯の仙人という立ち位置がハマりすぎているというか、本当に面白くてカメラが回っていても笑いをこらえるのに必死で、カメラの奥で映っていない時は笑ってしまっていたりします(笑)。今でもどこかのコインランドリーに住んでいるんじゃないかと思ってしまうくらいです!
清水:私は完成した作品を観た時に、特に東京03の飯塚さんがすばらしいと感じました。出ているシーンは多いわけではないのに、間や強調したら面白い部分なども印象的に演じられていて勉強になりました。物語の笑いの部分と言いますか、作品全体もまとめてくださったように思います。

ーー飯塚悟志さんの演じられていた雑誌編集長は実際にいそうというか(笑)。

片寄:本当にそうなんです(笑)。飯塚さんは1日のみの撮影だったんですが、その中でイキイキとさすがの演技を見せてくださり、刺激になりました。
(C)LDH ASIA
ーー印象に残っているご自身のシーンやセリフはありますか?

清水:個人的に最初のコインランドリーのシーンに出てくる「わからないんですか?」みたいなセリフはとても好きで、登場シーンということもあってすごく考えました。
片寄:僕もいっぱいあるんですが、最初に撮ったのが高校時代にその当時の彼女である岩崎修子と2人で歩いているシーンだったんですけど、今の自分で高校生の設定は大丈夫かなと思いながら初日を迎えたのを覚えています(笑)。あとは、病院のベッドで寝ている修子と部屋の中でデートをするという切ない演出があって、あのシーンはすごく斬新だと思いました。プロジェクターで壁に景色を映し出してお芝居をやらせてもらったんですけど、不思議な世界に入り込んだ感じがして印象的でした。

ーードラマには、片寄さんがボーカルを務めるGENERATIONS from EXILE TRIBEによる楽曲「Pray」と「涙」がそれぞれ主題歌と挿入歌に起用されていますが、作品を彩った楽曲についても改めて聞かせてください。

片寄:正直にうれしかったというのと、作品に華を添えられる歌になっていればいいなと思っています。あとは、「Pray」の起用は当初から聞いていたんですけど、作品ができ上がったのを観た時に「涙」も使っていただいていて、聞くと監督が「すごく好きな楽曲で使わせてもらいました」と言ってくださってさらにうれしくなったのを覚えています。挿入歌として流れているシーンにもすごくハマッていて、「涙」という楽曲のまた違った魅力をこのドラマで引き出してもらえたように思います。「Pray」は自分で作詞をさせてもらった曲であり、こうして自分が出演するドラマの主題歌として使っていただけるなんて思ってもみなかったので感慨深いです。
清水:今日も楽曲を聴きながらここに向かって来たのですが、とてもいい曲だと思いました。「Pray」の歌詞もこの物語のために書き下ろしたようにぴったりだと思います。
片寄:清水さんには撮影時にも「ピッタリじゃん!」と言っていただいたんですが、作品と重ね合わせて聴いていただけるとまた違った伝わり方で何かを感じていただけるのかなと思います。その上で、改めてGENERATIONSというグループを知ってもらえるきっかけになればいいなとも思っています。

ーー改めて視聴者の方にはどんなふうにこの作品に触れてほしいでしょうか?

清水:20分と観やすい長さにまとまっている今回の作品は個人的にもうれしくて、みなさんも朝の通勤や昼休み、帰宅時など、それぞれ思い思いの時間に観られると思います。内容としてもちょっと笑えると同時に、この後もがんばろうと思えるような物語になっていますので、ぜひ楽しんで観ていただけたらと思います。
片寄:人生の中にはいろんな波があると感じますし、そういった波のひとつを描いた作品の中で登場人物たちはどういう選択をするのか? そのひとつの答えが描かれていると思いますので、幅広い方に観ていただいてホッとしたり笑っていただいたり、何か勇気を感じてもらえたりと少しでも心に残る作品になれていたらと願っています。
 ドラマは、Yahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページ(PC・スマートフォン)にて、毎週金曜21時30分から配信開始。1月11日配信スタート。全5話、各話20分程度。動画配信サービス「GYAO!」で同日23時から視聴できる。
(C)LDH ASIA
『TOKYO COIN LAUNDRY』
監督:柴山健次
脚本:川尻恵太
出演:片寄涼太/清水くるみ/コッセこういち/横田美紀/紺野ふくた/小松直樹/村田寛奈/川島広輝/島村紀子/益田恵梨菜/駒井蓮/野呂佳代/中原和宏/坂口候一/飯塚悟志/斉藤陽一郎/他

視聴URL:https://yahoo.jp/-wYhXr
公式Instagram:@yj_tokyo_coin_laundry