2018 S-cup王者・海人がムエタイの元ルンピニー王者と対戦【2・11 SB】

海人(©SHOOT BOXING)
ザカリアとチャムアトーンが対戦渋る

 シュートボクシング(SB)の2019年開幕戦となる「SHOOT BOXING 2019 act.1」(2月11日、東京・後楽園ホール)の第1弾対戦カードが1月10日、発表された。

 昨年行われたS-cup65kg世界王者・海人(TEAM F.O.D)がメーンイベントでWPMF世界&元ルンピニースタジアムのウェルター級王者ポンシリー・ポーシリポン(タイ)と対戦する。

 海人は当初、以前に敗れているザカリア・ゾウガリー、チャムアトーン・ファイタームエタイの2選手のどちらかとのリベンジマッチを希望していたが、両選手ともに試合スケジュールの問題があるなどの理由で今回の来日は実現せず。

 しかし今回対戦するボンシリーも現在保持しているWPMFのほか、ルンピニースタジアム、プロムエタイ協会、海外のPHOENIXといった4つのベルトを獲得した実績を持ち、現在はラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級2位という強豪。

 超接近戦を仕掛け、ヒジ、ヒザ、ミドル、パンチとトータル的に何でも器用にこなすアグレッシブなファイターであり、昨年8月に初来日し、後にS-cup世界トーナメントでベスト4に入る鈴木真治を圧倒している。2月にルンピニースタジアムウェルター級タイトルマッチを行う予定だったが、日本でチャンスをつかむために海人潰しを優先。今回の対戦が実現した。

 海人にとってはザカリア、チャムアトーンとの再戦に向け、勝つのはもちろん、勝ち方にもこだわりたい試合となる。
〈発表カード〉
◆65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup65kg世界王者)vsポンシリー・ポーシリポン(タイ/WPMF世界ウェルター級王者、元ルンピニースタジアムウェルター級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級2位)