日本の祭りとふるさとの味を東京で一度に味わう!/1月11日(金)の東京イベント

『ふるさと祭り東京2019』本日11日から20日まで開催
色鮮やかな山車が自由自在に変化しながら練り歩く青森県の「八戸三社大祭」など、各地に伝わる祭りが集結
 伝統のお祭りとご当地の味が集結する『ふるさと祭り東京2019-日本の まつり・故郷の味-』が本日11日から20日まで、後楽園・東京ドームにて開催。

「お祭りひろば」では、青森ねぶた祭(青森県)や八戸三社大祭(青森県)、秋田竿燈まつり(秋田県)など東北を代表するお祭りから、初登場となる桐生八木節まつり(群馬県)、高知よさこい祭り(高知県)、沖縄全島エイサーまつり(沖縄県)など、全国各地から15を超える団体が連日、会場を盛り上げる。夜18~21時は、場内を暗転し、巨大な夜祭会場に変身。お得なイブニングチケットで夜祭気分を味わおう。
オープニングアクトは沖縄エイサーまつり
 10回目を迎える「全国ご当地どんぶり選手権」では、過去の選手権で2度のグランプリ受賞を果たした3つの「殿堂入りどんぶり(殿丼)」も選手権に参戦し、過去最大規模で開催。計18どんぶりが、来場者による食べ比べ(1杯500円)および投票により「No.1ご当地どんぶり」の座を競い合う。お祭りを見ながら気軽に片手で楽しめる“串”と“地酒・地ビール”をセットで味わえる新企画「お祭り串グルメ&地酒セレクション」もおすすめ。
「全国ご当地どんぶり選手権」では2016~17年のグランプリ「八戸銀サバトロづけ丼」など殿堂入りも参戦
 また、全国各地の“ご飯のおとも”を炊き立てご飯で味わう「ちょいのせ市場」や、全国の名店が本イベントのために開発した、ご当地素材たっぷりのできたてスイーツを販売する「ご当地スイーツマルシェ」など、なかなか味わえないレアな絶品グルメから、人気のB級グルメ、こだわりのスイーツまで、日本各地のふるさとの味を一度に楽しむことができる。
新企画「お祭り串グルメ&地酒セレクション」
『ふるさと祭り東京2019』
【期間】2019年1月11日(金)~20日(日)
【時間】10~21時 ※20日は18時閉場 ※いずれも入場は閉場の30分前まで
【会場】東京ドーム
【入場料】当日券1700円 他
【URL】https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/