【インタビュー】登坂広臣×中条あやみが語る、フィンランドで紡いだ “余命一年の恋”の舞台裏!

 今なお冬のベストヒットソングとして愛され続ける中島美嘉の名曲「雪の華」が、発表から15周年を迎えて、切ない大人のラブストーリーとして生まれ変わった。『ホットロード』以来5年ぶりの恋愛映画となる登坂広臣と、映画やドラマ、雑誌、広告にひっぱりだこの中条あやみという人気の2人が初共演!
撮影・上岸卓史 ヘアメイク・千絵 (H.M.C) スタイリスト・葛西“JUMBO”克哉(speed wheels)

映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ インタビュー



 幻想的な雪景色の中で最高に切なくて温かい感動に包まれる映画『雪の華』がいよいよ公開。同作で共演した2人に、雪の日の思い出を聞いてみると…。

中条あやみ(以下:中条)「6年ほど前、東京に大雪が降ったときがあったのですが、それがちょうど雑誌の撮影日で。当時、私は大阪から通っていたんですけど、都心であんなに雪が降るなんて思っていなくてヒールのある靴だったので、帰り道に転んだりして(笑)。同じモデルの子と一緒にギュウギュウのバスに乗って、やっと渋谷駅までたどり着いた覚えがあります(笑)」

登坂広臣(以下:登坂)「僕は中学生のときの話なんですけど、すごい雪の降ったバレンタインの日の思い出ですね」

中条「何それ(笑)!」

登坂「バレンタインの日って男の子は1日、楽しみじゃないですか。学校に行ったら下駄箱にチョコが入っているかなとか、机に入っているかなとか、ロッカーかなとか(笑)。僕も当時、好きな子がいたので、その子がくれないかなと思っていたんですけど全然くれるそぶりが無くて。結局、女子の友達から義理チョコをもらって家に帰ったんです。その日はずっと雪が降っていたんですけど、夜にその子が家に来たんですよ。雪まみれになりながら、手作りのチョコを作っていたから遅くなっちゃったけど日付が変わる前に、って。僕はすごく感動して、そのチョコを食べた思い出があります。あまり美味しいとは言えませんでしたが(笑)、しっかりと全部食べました」

中条「素敵な思い出!」
登坂「そうですね(笑)」

 そんな2人が、この冬、最高に切なくて温かい感動作『雪の華』で共演。2003年に大ヒットした中島美嘉の名曲にインスパイアされたオリジナルストーリー。幼いころから病気がちで夢をあきらめ続けてきた主人公・美雪(中条)が、妹弟の面倒を見ながらガラス工芸家を目指す青年・悠輔(登坂)と出会い、とある事情から、100万円を出す代わりに“期間限定の恋”を持ちかける…という物語。歌の世界観がまさに視覚的に迫る幻想的な雪景色は、実際に極寒のフィンランドロケで撮影されたもの。

中条「今回、クランクインがフィンランドで、しかもいきなりクライマックスのシーンからだったので本当に緊張しました。ただでさえ初日は緊張するものなので本当に、ああどうしよう〜って気持ちでした(笑)。でも、美雪と悠輔が現地のガラス工房に行くシーンも撮影したんですが、その工房が素敵で、いろんな色のガラス作品を眺めているうちに気持ちも落ち着いてきて、少し緊張がほぐれました。飾られているガラス作品がどれもすごくかわいくて、なんだか温かい場所だな、って」

登坂「本当に、初日からクライマックスのシーンを撮影するというのは難しかったですよね。出会って、ある程度の関係性を作っている設定なので、最初からその感じを出すのも大変でしたし、慣れない異国の地での撮影というのもあったので、探りながら進めていきました。日本にいるときに事前に本読みなどもしていましたけど、やはり現場の空気感が大きく影響してくるものなので、そういう意味でもフィンランドロケはどうなるか現場に立ってみないと感覚がつかめない部分もありましたし」

中条「現地には20日間ほどいたんですが、現場や作品のことを考えるくらいしか他にあまりやることが無かったのが良かったのかも(笑)。おかげで作品に集中して、美雪のことを深く考える時間も持てました」

登坂「橋本光二郎監督とも、そのつど話すことができたしね」

中条「そうですね。橋本監督は、どんなシーンにしたいかをすごく分かりやすく明確に伝えてくださるので、私自身も一つひとつのお芝居をきちんと理解しながら演じることができましたし、シーンを撮るごとに監督と細かく確認し合うことができたので、極寒のフィンランドでも、とても安心していました。橋本監督で良かったな、と思います(笑)」

登坂「確かに(笑)」
撮影・上岸卓史 ヘアメイク:横山雷志郎(Yolken) スタイリスト:maiko
 100万円で期間限定の恋人になる、という美雪の突飛な契約に戸惑いながらも、2人の時間を心から楽しもうとする美雪に、しだいに心引かれていく悠輔。しかしついに“秘密”が明かされ…。

中条「完成作を見たら、登坂さんと撮影していないシーンが思ったより多くて、美雪の知らない悠輔の姿が新鮮でした。日本でもフィンランドでも、たくさん走っていましたね!」

登坂「走りました(笑)。けっこう大変だったんですよ、特にフィンランドでのシーンは」

中条「あと橋の上で“うわーっ!”って叫んだりしていましたよね! あれは監督のアイデアですか?」

登坂「そう。あれは監督から(笑)」

中条「だと思いました(笑)。アドリブかな、でも登坂さんはこういうアドリブをしなさそうだし…と思って」

登坂「確かに(笑)。でも本当に、美雪と悠輔がそれぞれの家族といる場面が、すごく印象的でした。もちろん2人の恋愛が主軸ではあるんだけど、その2人を取り巻く家族や親しい人との絆もきちんと描かれているのがいいなと思いました。僕は、美雪とお母さんのシーンがけっこうグッときました」

中条「私も悠輔と妹弟たちとのシーンがすごく好きでした」

登坂「今回、当然2人で撮影することが多かったんですけど、2人でいるシーン以外の撮影は別々なので、家族といるときなどのお互いのパーソナルが見える表情は完成したときに初めて見たので余計に印象的だったんです。この場面、美雪の気持ちを作るの大変だったろうなとか、いろいろ発見があったので。美雪って演じるのがすごく難しいキャラクターだと思うんです。病気を抱えていたり、100万円を払って恋人になってもらおうとしたり。でも勇気を振り絞った美雪の行動で物語が動いていき、僕はそこに巻き込まれていく立場だったので、中条さんが監督と打ち合わせをしている姿なども横で見ていて、大変だろうな、と思っていました」

中条「大変でした(笑)。でも以前に『きっと、星のせいじゃない』という洋画を見たことがあって、何となく美雪と状況が近いなと思ったんです。そうしたら監督から“『きっと、星のせいじゃない』という映画を見ておいてください”と言われて(笑)。その作品はとても参考になりました。まあ、美雪はちょっと…というか、かなり個性的なんですけど(笑)。これは監督ならではのイメージが生かされたキャラクターだったと思います」

登坂「僕もそう思う(笑)」

中条「逆に悠輔は登坂さんのイメージも大きく生かされていましたね。最初、台本には悠輔が美雪に対してけっこう強い口調で接している姿が書かれていたけど、登坂さんが“悠輔だったら美雪に対してこんなふうに言わないと思う”とおっしゃって。脚本に書かれていることにプラスして、自分のアイデアや思いも、そのつど監督に相談していて、さすがプロだな、と。悠輔のキャラクターが優しくなったのは登坂さんのおかげですね(笑)」
登坂「絶賛“いい人キャンペーン”中だから(笑)」

中条「私も、その悠輔のほうが好きだなと思えたので助かりました!」

 そんな2人が協力して挑んだ最も難しかったシーンが…。



中条「やっぱり美雪が悠輔に“100万円で恋人になって”と持ち掛けるシーンです。リハーサルを何度もやって…」

登坂「そうそう。どちらかのテンションが下がってたり、上がりすぎてたりすると、どんどん息がチグハグになってしまって。行くなら行く、みたいな、勢いが必要な場面でもあった。そこも動き出しが美雪からなので、本当に大変だったでしょ」

中条「あれをどう受け止めるかという登坂さんのお芝居も難しかったですよね。完成作を見るまで、あの場面が一番、心配でした」

登坂「クランクインする前も、してからもリハをやって、すごいエネルギーを使ったね(笑)」

中条「あれは、美雪だから言えたセリフなんでしょうね。美雪は、あまり人と関わってこなかったせいでちょっとズレているところもあって、でもそんな彼女だからこそ勇気を出して言えたんだろうなと思いました」

 そして芽生える切ない恋。特に“雪が似合う”2人がつむぐ、冬のフィンランドロケの映像は幻想的。

登坂「確かに、中条さんは雪が似合うなと思っていました(笑)」

中条「雪の写真を、お互いに撮り合ったりしましたね。登坂さんが、まるで広告のような私の写真を撮ってくださって(笑)」

登坂「撮影中の中条さんを、僕がカメラで撮ったんです。“雪が似合うね、JRのポスターみたいだよ”と言ったら“実際にやっていますけど”と言われて…失礼しました(笑)」

中条「いえいえ(笑)。私もよく現場のオフショットを撮っていたんですが、登坂さんは現地のホテルなどでも雰囲気がぴったりでしたね!」

 もし自分がカメラマンだったらお互いのどんな“雪ショット”を撮る?



中条「そうですね…雪の中でクマと戦っている登坂さんとか」

登坂「出川哲朗さんか!(笑)」

中条「しかも勝ってる、みたいな」

登坂「ははは(笑)。なるほど、迫力ある系の写真ね」

中条「それか地味に、氷に穴をあけてワカサギを釣ってるところ、とか」

登坂「地味か迫力あるか、どっちかなんだね(笑)。僕が中条さんを撮るとしたら…温泉。雪の中で温泉に入っている、みたいな」

中条「それもCMみたいですね(笑)」

登坂「じゃあ次にそういうCMの写真があったら僕が撮ります(笑)」

 雪の風景が似合う2人はまさに中島美嘉の名曲『雪の華』から抜け出したかのよう。

中条「今回、中島美嘉さんの曲をもとに作らせていただくにあたって、私はまず中島さんがどんな方なのかを知りたいと思い、いろいろ調べて、そこから美雪のキャラクターをイメージしていったんです。でも、最初の本読みのときに監督とお話させて頂いてちょっと違うということに気づき、方向を変えました。でも中島さんがこの曲に込めた思いを持って美雪を演じさせていただいたので、それが少しでも伝わればうれしいです」

登坂「僕の中高生時代に日本中ではやった楽曲ですけど、今も歌い継がれていて、今回こうやって映画になることで、リアルタイムに聞いていない世代にも改めて中島さんの曲の魅力を伝えられたらうれしいです。僕としては、かつて自分が聞いていた曲がまさか映画になって、しかも自分が演じるなんて想像もしていなかったんですが、こうして中島さんの曲と、葉加瀬太郎さんが奏でる音楽と、僕らがフィンランドまで行って撮影した映像が一つになって、僕にとっての『雪の華』が生まれたような気がしています」

 聞く人、見る人それぞれの心に自分の“雪の華”が舞い降りる、そんな映画が誕生した。(本紙・秋吉布由子)
©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』
監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎 出演:登坂広臣、中条あやみ、高岡早紀、浜野謙太、箭内夢菜、田辺誠一他/2時間5分/ワーナー・ブラザース映画配給/2月1日(金)より全国公開 yukinohana-movie.jp