『万引き家族』『未来のミライ』米アカデミー賞にノミネート!

『万引き家族』© 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
 アメリカ最大の映画の祭典・第91回アカデミー賞のノミネーション発表が現地時間22日に行われ、日本の是枝裕和監督作『万引き家族』が外国語映画賞に、細田守監督作『未来のミライ』が長編アニメーション映画賞にノミネートされた。

『万引き家族』は昨年、第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞のパルムドールを受賞し世界各国で高く評価。米アカデミー賞ノミネートにも期待が高まっていた。
『未来のミライ』©️2018 スタジオ地図
 また、今回初のアカデミー賞ノミネートとなった細田監督は「『未来のミライ』が、第91回アカデミー賞にノミネートされたと聞き、ただただ驚いています。小さな子どもの日常と成長を淡々と描いたこの可愛らしい作品が、ヒーローを描いた他の作品に混じって選ばれたということに、大きな意味と意義を感じています。これをきっかけに、より広く深く多くの方々に『未来のミライ』を楽しんでもらえたらうれしく思います」とコメントを寄せている。

『万引き家族』は2月8日よりTOHOシネマズ日比谷他、全国100館規模にて凱旋上映が決定(ギャガ配給)。『未来のミライ』は1月23日にブルーレイ・DVDリリース(発売・販売元:バップ)。