吉本坂46がプレミアムフライデー応援隊に就任「太いパイプができてきた」

 アイドルグループの吉本坂46がプレミアムフライデー応援隊に就任、25日、新宿髙島屋で就任式が行われ、トレンディエンジェル、スパイク、村上ショージ、はんにゃ、小寺真理がグループを代表して出席した。「がんばってください」と、グループを代表して任命証を手渡されたリーダーの斎藤司(トレンディエンジェル)は、「感動した。精一杯頑張りたいと思います」と、意気込んだ。



 就任式は、全国150店舗の百貨店が、プレミアムフライデーに合わせ、クリアランスセールを中心にさまざまな催事を行う『プレミアム ウィンターバザール』のオープニングイベントで行われた。早速、トレンディエンジェルはバザールの期間中の店内アナウンスを担当する。

 就任について、リーダーの斎藤は「今日も来てびっくりしたんですけど、経済産業省の方とか、日本百貨店協会の会長とか……結構、太いパイプができてきたな、という感じで。大きな仕事に吉本坂46が携わらせていただくというのには驚いていますし、頑張らなければならないと思う」。小川暖奈も「絶対に頑張ります」と続いた。


 吉本坂46は昨年12月にデビュー。手応えを聞かれると、村上ショージが「来てますねえ! 手応え、ぐいぐいと。CDも買っていただいたりとか、握手会も、2月3月とあるんですけれど、ファンの方も増えてきています。いろんなイベントでみなさんに喜んでいただいて、またお金が回る。私たちは意外と役に立っているんじゃないかな。……ええこと言おうとしたら言えるんですよ」と、笑った。

 2月2日には東京ビッグサイトで握手会がある。

 斎藤は「とても大きな会場ですし大丈夫なのかと。これは蓋を開けてみなければわからない。この間、売り上げの中間発表があったんですけど、そのあとも家に宅配が届いて。開けてみたら吉本坂のCDが5枚届きました。妻が頼んでました(笑)」。

「年齢層がかなり幅広いので体調不良で休む人がいるんじゃないかなと。そこは危惧しています」と、はんにゃの金田哲。すると村上が「私も今年で64。誰がじじいの手を触りにくるかと。そこなんですよ。あとで、カサカサやであのおっさんとか言われるのが目に見えている。クリームをたっぷり塗っていきます」と、この日出席していた誰よりも意気込んでいた。


 トレンディエンジェルは、新宿髙島屋で開催中の「 Amor du Chocolat!(アムール・デュ・ショコラ )」の売り場も視察。平成最後のバレンタインデー。どう過ごしたいかと聞かれると、斎藤は「家族もいますので、今年は娘からのチョコレートなんかも楽しみにしています。7カ月なんですけど」。たかしは「素敵な、いい方と出会えればいいなと思っています」と期待で胸を膨らませていた。