『PRINCE OF LEGEND』完成報告会見でアブない雰囲気!?“王子”同士で「今夜あいてる?」

撮影・小林郁人
 映画『PRINCE OF LEGEND』完成報告記者会見が14日、横浜にて行われキャスト16名が登壇した。

「HiGH & LOW」シリーズを手掛けた製作陣が再結集し、少女マンガの世界観をコンセプトに、個性豊かな“王子”たちがヒロインをめぐってバトルを繰り広げる物語を描く。昨年10月から放送された連続ドラマから始まり、ライブイベントやゲーム、そして劇場公開と展開する。

 映画で、物語のクライマックスとなる「伝説の王子選手権」が描かれることにちなみ、各キャストたちに自分だったらどの王子を推すか、と質問されたキャストたち。“セレブ王子”朱雀奏役の片寄涼太は「自分目線で一番すてきだなと思うのは“TEAM 3B”の清原(翔)くんですね。自分がひげを生やしても、あんな風にはならないんだろうなと思うとうらやましい」と“美容師王子”嵯峨沢ハルを演じた清原に憧れのまなざし。清原も「ヒゲがなくても片寄くんも十分色気ムンムンだと思う」と片寄の男の色気に太鼓判。すると“ヤンキー王子・兄”京極尊人役の鈴木伸之も「僕も片寄くん。僕は王道が好きなんです。ど真ん中をいくあの王子感は片寄くんしか出せないと思った。僕は片寄くんに抱かれるなら全然うれしいです」と宣言。これには片寄も「何を言っているんですか、公の場で! 落ち着いてください」とあせり気味になり、会場も思わず爆笑。


 そんな鈴木を選んだのは“金髪SP王子”ガブリエル笹塚役の関口メンディ―。「伸くん、力持ちじゃないですか。劇中でもお姫様抱っこを軽々とできたり。僕は体が大きくて昔から組体操をすれば一番下で、人に持ってもらったことが無い。たぶん伸くんだったら僕をお姫様抱っこできるんじゃないかと」というメンディ―に鈴木も「どんな理由ですか!」と苦笑。

“生徒会長王子”綾小路葵役の佐野玲於は「非常に悩むところですが町田(啓太)くん。きっと世の中の女子はかっこいい先生がいたらあこがれると思うんですけど、あこがれの対象にとどまることなく、既婚者でありながら生徒に混じって一人の女子をめぐるバトルに参加するというぎりぎりの危なさを演じきる町田君の実力はナンバー1と言っても過言ではないのでは」と、クセのあるキャラクター“先生王子”結城理一を演じた町田を絶賛。そんな佐野を推したのは“ダンス王子レッド”天堂光輝役の吉野北人。「生徒会長は冷たい感じがありつつ優しさが見えてしまう。(佐野も)普段そんな感じで、怖そうに見えつつ実はメチャメチャ優しいんです」と明かした吉野に気を良くしたのか佐野は「今日、夜あいてる?」。

 するとこの後も、「メンディ―さんは現場をすごく支えてくれ、普段から優しくて尊敬する先輩」と告げた藤原樹にメンディ―が「今日、夜あいてる?」。さらに「京極尊人は天真爛漫で一番いいヤツなんじゃないかと思う。女の子はそういう人が好きだと思う」と回答した清原に鈴木が「今日、夜あいてる?」と、王子たちの間でお誘いが飛び交っていた。


 普段の中の良さを垣間見せていたキャストたち。“バンドマン王子”TAICHI役のこだまたいちが「全員好きなんですけど、伸くん。ガハハと笑うところが好き」と言うと片寄が「ガハハってやってあげれば」。すると鈴木は「ガハハ!」とやって見せた後に「僕もTAICHIが女性を口説くときのひと言を頂いていいですか」と劇中のセリフをこだまに催促。甘い口説き文句を言ってもらい満足げな鈴木だったが、片寄が「そろそろ変なザワザワが…」と軌道修正し、会場も大笑い。最終的に“推し王子”の最多票を集めたメンディ―は「こんな結果になるとは思っていなかった」と首をかしげていた。


 またこの日はバレンタインデーということにちなみ、一番多くチョコをもらった数は、という質問が。片寄は「中学校のころ。でも10個ももらっててないくらい」、鈴木は「中学生の時に両思いの子から手作り1個だけもらいました」と、家族や義理チョコを含め10個以下という回答がほとんど。町田は「小学校のときにチョコをもらうのが恥ずかしくて校長室に逃げ込んでトロフィーを壊したことがあります。そのとき校長先生から頂けるものは頂いておきなさいと言われました」というエピソードを披露。「小学校の時に手作りチョコをみんなに配るのがはやっていたときに15個くらいもらった」と答えた佐野は「最近は俺チョコというのがはやっているらしく、僕も今日コンビニでホワイトの板チョコを買って食べました」と明かし、笑いをさそっていた。

 映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日より全国公開。