晃貴vs隼也のバンタム級タイトル戦開催【4・19 K-1 KRUSH FIGHT】

「K-1 KRUSH FIGHT.100」(4月19日、東京・後楽園ホール)の第一弾カード発表会見が2月19日、東京都内で行われた。

 今回から大会名称が「krush」から「K-1 KRUSH FIGHT」に変更となり、いわば節目の大会。ここで1月大会でバンタム級王座を獲得した晃貴が隼也ウィラサクレックを相手に早くも防衛戦に臨む。

タイトルと面子をかけた戦いとなる晃貴(左)と隼也
前回の対戦では判定勝ちの隼也「勝ったほうが本物のチャンピオン」

 2人は昨年4月に対戦し、隼也が判定で勝利を収めている。その後、隼也は昨年10月に時の王者・金子晃大に挑戦するもKO負けを喫し、今回が再起戦となる。

 晃貴はその後、3連勝。その3連勝目で王座獲得となったのだが、本来その試合は王者・金子への挑戦権をかけたもので、金子の王座返上によって王座決定戦に格上げとなったいきさつがある。

 そんなことも踏まえ隼也は「1月のタイトル戦を見ていて正直悔しい思いが大きかった。絶対に挑戦したいと思っていた。今回は絶対に勝ってチャンピオンにならなきゃいけないと思っている。やはり挑戦者決定戦が王座決定戦になってチャンピオンが生まれるというのは、自分的には納得がいかなかった。そういった部分で悔しい思いがあった。今回の試合で勝ったほうが本物のチャンピオンだと思う」などと今回に試合へ向けての並々ならぬ闘志を見せた。

 晃貴は「1年くらい前に1回やって負けているので、リベンジを果たすという気持ちで臨みたい。いつかは準也選手と対戦する時が来るとは思っていた。前回は隼也選手とやる前にタイに行って完璧に仕上げたつもりだったのに負けた。強いと思った。しっかりと対策を練って次はリベンジしたい。前はスタミナがなかった。今はパワーもスタミナもついた。あの時よりは確実にレベルアップしている」などとこちらは1年前のリベンジを誓った。
牧平(左)と松岡
ウェルター級では牧平vs松岡。牧平は第3子が3月に誕生

 ウェルター級のワンマッチでは牧平圭太vs松岡力の好カードが実現する。

 牧平は昨年11月のKrush10周年記念大会に続き、今回も節目の大会への出場となる。前戦での勝利に続き悲願のKrush王座返り咲きへ向け、大きな意味を持つ試合となる。

 牧平は「Krushは若い奴らがどんどん活躍しているけど、ウェルター級だけはもうちょっと待っとけよ、という感じ。タイトルマッチを組んでもらえるような試合をする。前回はあれをしよう、これをしようで空回りしたんで、今回は自分を信じて戦いたい」と話した。そして「3月に3人目の子供が生まれる。区切りの大会に出られることと合わせて、春は自分のためにあるのかなと思っている」とうれしい報告をした。そして最後は「勢いに乗せんよう踏ん張る。チャンピオンになるところまで見ていてください」と締めくくった。
勝利の際の仰天プランを明かした松岡
松岡「僕が勝ったらミノル君に“ベルトを返上して”とお願いする」

 一方の松岡は昨年12月の大阪大会で野杁正明にKO負けを喫してしまい、今回が再起戦となる。

 松岡は「前回の大会はみんなに期待してもらったのに、ふがいない結果になってしまって自分自身も悔しかったのですぐにトレーニングを始めた。前回は早く負けすぎて、いいも悪いもなかった。練習してきたのにああいう負け方をしたので、もっと練習が必要と思って、たくさん練習している」と話した。また野杁戦については「向き合って対峙した時は強さは感じなかったが、周りの人には分かりづらいフェイントといったものはうまかった。自分もそこに行かないといけないと感じた」と振り返った。

 現在、ウェルター級は松岡の同門である木村“フィリップ”ミノルが王座に君臨している。牧平が「ええ勝ち方をしたらタイトルマッチを組んでくれると思っている」と木村戦も視野に入れた発言をしたのに対し、松岡は「ミノル君には僕が牧平選手に勝ったら“チャンピオンベルトを返上してくれ”とお願いする(笑)。僕は争いごとはあまり好きじゃないので同門でやるとかは好きじゃない」と木村戦については頭にないようで対照的なリアクションを見せた。
椿原のツッコミにたじたじの中村プロデューサー(中)
「リベンジ率100%」の椿原が玖村への挑戦をアピール

 2月大会で「第6代王座決定トーナメント」の決勝が行われ、玖村将史が王座に就いたスーパー・バンタム級では椿原龍矢vs龍斗のワンマッチが行われる。

 椿原は一昨年は軍司泰斗、西京春馬に勝利を収めるなどこの階級をリードする存在となりかけたが、昨年3月に玖村将史に敗れ、若干足踏み。王座決定トーナメントにも出場したものの準決勝で軍司に敗れ、タイトル戦線から一歩後退した。

 椿原は冒頭「仲間がバンバン試合が決まるのに、中村さんがプロデューサーになってから全然僕のこと呼んでくれへんから、“もしかしたら俺、中村さんに嫌われているのかな~?”ってちょっと思っていたんですが、ちゃんと呼んでもらえて良かったです(笑)」とつかみはOKの挨拶。

 自身が敗れたトーナメントについては「自分が立っていない決勝を見るのがめっちゃ辛くて“もっと頑張ればよかった”と思っていたが、過去を振り返ってもしゃあないんで、まずしっかり玖村選手のベルトを目指して頑張っていこうと思っている」と話した。そして「僕はリベンジ率100%なんで、しっかり勝って、タイトルに挑戦させてください。中村さん、よろしくお願いします」と中村拓己K-1プロデューサーにアピールした。

 龍斗はプレリミナリーファイトでの出場が多かったのだが、こつこつと実績を重ね、今回初の本戦出場を勝ち取った。

 龍斗は「めちゃくちゃいいカードを組んでもらった。初の本戦ということで暴れたい。トーナメントに出ていた選手と今年中には対戦したいと思っていたが、まさかすぐに決まって、それも椿原選手。めちゃくちゃ強いんですけど、これに勝てばめちゃくちゃおいしい。もう1人トーナメントに関わっていた選手を倒して、タイトルマッチに近づけたらいいなと思っている」などと話した。

 互いの印象について椿原は「前回の1月のKrushはabemaTVで見ていた。その時、解説の人が“蹴りの龍斗”と言っていたので蹴りが強い選手だと思っていた。対戦が決まってから映像を見たら、相手がばり強そうに見えるんで見ないようにしているが、プロフィルのところで7月7日生まれとなっていて“ああ、七夕生まれの選手なんだな”と思った」、龍斗は「手数もすごくてテクニックのある選手。でも僕は相手が強ければ強いほど実力を発揮する」などとそれぞれ話した。
「K-1 KRUSH FIGHT.100」(4月19日、東京・後楽園ホール)
◆K-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)晃貴 vs 隼也ウィラサクレック(挑戦者/WSRフェアテックス三ノ輪)
※王者・晃貴は初防衛戦※

◆K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R・延長1R
(HALEO TOP TEAM)牧平圭太 vs 松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)

◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(月心会チーム侍)椿原龍矢 vs 龍斗(K-1 GYM横浜infinity)

◆K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
(WSRフェアテックス西川口)鷹大 vs 三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

〈プレリミナリーファイト〉
◆K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級/2分3R
(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)菅原美優 vs 延谷美智子(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)