三代目JSB「ソロでの経験値とグループへの思いを全部爆発させる」新曲リリースで2019年本格始動



 三代目J SOUL BROTHERS(以下、三代目)が10日、2019年第1弾シングル『Yes we are』(13日リリース)のミュージックビデオ解禁イベントを都内で行った。ファンを招いたうえでの記者発表形式のイベントで、様子はYouTubeやインスタグラムなどを通じて、全世界に向けて発信された。

 三代目がこのようなイベントを行ったのは初めて。小林直己は「新曲をリリースするとき、想いだったり、この楽曲を使ってどういうエンターテインメントを作りたいのかっていうのをメンバーそれぞれが持っているんですけど、直接話せる場がなかなかなかった。それに対して自分たちの言葉で伝えられるよう、イベントを作らせて頂いた」と、説明した。

 1年3カ月ぶりにリリースするシングル。三代目は今年「RAISE THE FLAG」をテーマに活動を展開していくことを発表している。そのロゴには、青と赤と白の3色が使われており、それぞれのカラーをテーマにした楽曲をリリースしてく予定だという。

「Yes we are」は青がテーマの楽曲。青は「R.Y.U.S.E.I.」に代表される「三代目J SOUL BROTHERSが出してきた王道のラインが表現できたらなと思っている」と、NAOTO。赤は海外のアーティストやプロデューサーと組んで取り組む作品で、白はバラードだという。

 登坂広臣によれば、この曲は、2019年に三代目としてどういったものを発信していくべきかを話し合い考え抜いたうえで「ようやくたどり着いた楽曲」。生命の希望や夢、歓喜など、世界の輝かしい未来を表現したリリックで、「大きく、キャッチーで。再出発というか、帰ってきたという意思表示になる楽曲になればいいなというところで、ボーカル2人で歌詞も書かせてもらっています」と話した。


 公開されたミュージックビデオも見どころが満載。メンバー7人が7つのシチュエーションで7変化。衣装はそれぞれテイストも違い、ファッショナブルな作品になっている。山下健二郎もELLYも自信たっぷりの表情だった。イベントではそれぞれがスマートフォンでさまざまな配信プラットフォームを使って視聴。メンバーは、視聴するファンの様子を笑顔を浮かべたり緊張の面もちで見ていた。
 
 シングル『Yes we are』にはタイトル曲を含めて4曲を収録している。なかには、三代目の今年の活動テーマそのままの「RAISE THE FLAG」という楽曲もある。「今年の活動テーマがそのまま曲(の)タイ(トル)で、今年の自分たちの活動を象徴するような楽曲。頭からのホーンセクションだったり、ドラムが際立つ力強い楽曲になっています」と、今市。さらに「この曲から、4月からのドームツアーのパフォーマンスとか、演出とか、世界観とかをイメージしてほしい」と付け加えた。


 今まさに、トレーニングとリハーサルの真っ最中。岩田は「今日もスピナーバイクに7人一列に並んで、部活のように、心拍計をつけながらしてきました」と報告し、「約1年ぶりのツアーで、自分たちのことを応援してくださってるみなさんにとっては待望のライブだと思います。そんなみなさんの期待を裏切らない最高のツアーにしたい」と誓った。また、「今回のツアーはイチから手作りというか、演出だったり構成もメンバーのアイデアで作り上げていっている。約1カ月後に始まるツアーが楽しみ」だという。

「今回はかなり7人で挑戦をしています」と、小林。「去年蓄えたソロでの経験値とグループへの思いを全部爆発させようなツアーになっていますので、ぜひ会場でその思いを確認していただけたら。一緒にツアーを作っていただけたらと思います」と、話した。