本物の桜でインドア花見!厳選された春の日本酒を飲み比べ/3月20日(水)の東京イベント

『インドア花見×日本酒』29日まで開催中


 屋内で本物の桜を眺めながら、春におすすめの日本酒を飲み比べできる『インドア花見×日本酒=楽しみ方は無限大!平成最後の花見酒』キャンペーンが、西新橋の日本の酒情報館にて29日まで開催中。

 常時70種類以上の日本酒をそろえ、1杯100円から楽しむことができる日本の酒情報館では、毎回テーマに合わせさまざまな切り口で日本酒の魅力を体感できる企画を実施。3月は“インドア花見”をテーマに、館内に実際に高さ約2.5メートルの桜を飾り、春を先取りする注目の日本酒ラインアップを味わいながら、花見酒を楽しむことができる。


 ラインアップは、春らしいピンクのラベルやほのかに色づいた日本酒10種類以上に加え、春をイメージしたピンク×グリーンカラーの日本酒カクテルや、桜の花酵母から造られた日本酒「花酵母(はなこうぼ)」などを予定。価格は日本酒30mlが100円、60mlが200円。

 お花見に持っていきたいキュートなボトルの日本酒や、ツウにも喜ばれる日本酒にも出会えること間違いなし。雨や花冷え、花粉を気にすることなく、春にぴったりな日本酒で厳選された花見酒を堪能しよう。
『インドア花見×日本酒=楽しみ方は無限大!平成最後の花見酒』
【期間】2019年3月19日(火)~29日(金)
【時間】10~18時 ※土日、祝日除く
【場所】日本の酒情報館(東京都港区西新橋1丁目6-15 日本酒造虎ノ門ビル 1F)