「罪を犯した1人の出演者のために公開中止はしない」ピエール瀧出演作ノーカットで公開

東映・多田憲之代表取締役社長と白石和彌監督

東映・多田社長「映画はテレビ放映やCMとは違う」
 映画『麻雀放浪記2020』公開に関する記者会見が20日、配給の東映本社にて行われ、同社の多田憲之代表取締役社長と白石和彌監督が登壇。当初の予定通りノーカットで4月5日に劇場公開すると発表した。

 同作は阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を『孤狼の血』の白石和彌監督が斎藤工やベッキーなど注目のキャストをそろえ映画化。出演者の1人、ピエール瀧容疑者の逮捕を受け、予定通り公開をするか協議をしていた。

 登壇した多田社長は「『麻雀放浪記2020』の劇場公開を正式に決定したことをご報告させていただきます」と発表。
「出演者の1人、ピエール瀧容疑者が逮捕されたことに関しては容疑が事実であれば決して許されることではなく、大変な憤りを感じております」としながらも、公開中止や再編集などどんな対応をとるか関係者との話し合いを重ねたものの完全合意には至らず、配給会社としてノーカットのままでの公開を決定したことを明らかにした。

 その理由として多田社長は「あってはならない罪を犯した1人の出演者のために、作品を待ちわびているお客様に、すでに完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至ったということでございます。現状、ほとんどの映画は劇場公開からスタートします。劇場での上映は有料であり、かつ鑑賞の意志を持ったお客様が来場し鑑賞するというクローズドなメディアでありますので、テレビ放映またはCMなどとは性質が異なります。いろいろな方面から賛否両論のご意見があると存じますが、本作はノーカットで公開をいたします」と語り「公開をする上で、お客様に対しては劇場公開時にポスター、および上映前にテロップで、逮捕されたピエール瀧容疑者が出演していることを明示します」とした。


『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』など5作品でピエール瀧容疑者を起用してきた白石監督は「逮捕の一報を聞いて、何度も一緒に映画を作ってきた仲間がこういう罪を犯してしまったということに僕自身大変驚きましたし、本作がこの先どうなってしまうのかということや、瀧容疑者に対して抑えがたい憤りも感じました」と吐露。再編集や再撮影も覚悟したと明かし「当然、禁止薬物には反対の立場ですし、絶対に犯してはいけないことではありますが、あくまで個人が犯した罪であって、作品そのものには罪はないのではないかという気持ちのなか、話し合いを重ね、公開できることになりました。本当にものすごい大変だったと、関係者の皆さんの苦労も聞いています。こういう形で公開できることを、うれしいとは言いづらいですがほっとしているというのが正直な気持ちです」と語った。

白石監督「薬物を描く作品も一緒に作ったのに…」と無念さ
 公開劇場数は、現時点では当初の予定通り全国51スクリーンでの公開を予定。多田社長は「(この会見を持って)劇場側にも公開決定が伝わるので、劇場からどういうリアクションがあるかは定かでないが(東映としては)公開するという強い意志を持っております」と述べた。

 出演者の不祥事により公開中止となる作品も多いなか公開を決めた思いについて質問されると、多田社長は、製作委員会に参加するすべての会社が合意しているわけではないとしつつ「いろいろな不祥事や事件によって公開中止や再編集などの対応があるが、私個人としてはちょっと行き過ぎでは、皆が総力を挙げて作り上げたものをボツにしていいのか、と疑問に思うところがありました。ただ、こういうことが東映で起こると思っていなかったので、いざ自分たちのこととなると、やはり大きく迷いました。それでも、株式会社としてのコンプライアンスがありながらも、配給会社として(公開中止を)マニュアルのように決めてしまっていいのかという判断をし、公開しましょうと委員会の皆さんを説得しました。社内取締役からも異論はあるかもしれないが説得するつもりです。ただ、少々株価が落ちるかなということも覚悟している」と語った。

 白石監督も「基本的な姿勢としては作品に罪はないということでいいと思う。重いも軽いもなく罪は罪とはいえ、どういう質のもので、その出演者がどういうポジションにいるかなど、いろいろな状況があるのに、社会の風潮として一様に臭いものにふたをしてしまうのではなく、上映できないということが特例であってほしいと、作り手としては思います」と語った。
 さらに白石監督は瀧容疑者についての複雑な胸中も明かした。「彼は僕を監督として大きく引き上げてくれた1人。彼が持っているキャラクターと男っぷりの良さなど、いろんなことに男ぼれして通算5本、仕事させていただいた。ニュースで20代のころから(違法薬物を)やっていると読んだが、少なくとも仕事しているときにはそういうことは感じなかった。『日本で―』など、違法薬物が描かれる作品をやってきたにもかかわらず、こういうことになったのは非常に残念。今はもうバカヤロウとしか言いようがないし、自分の罪を反省して、これからどういう人生を歩んでいくのか分からないけれど、治療して人としてちゃんと歩んでほしい」と瀧容疑者に対する複雑な思いを語った。他の共演者たちの反応はと質問された白石監督は「主演の斎藤工さんとは“これからどうなるんだろう”というメールのやり取りはしました。『凶悪』のときの共演者のリリー・フランキーさんとも“あいつは何をやっているんだ”というメールのやり取りをしました。皆、一葉にびっくりしているという感じですね」と明かした。

 現在、発生した損害賠償について話し合いも始めているといい、今後新たに製作委員会からの離脱などがあった場合も対象となるとのこと。また前売りチケットなどの払い戻しも対応するという。
 映画『麻雀放浪記2020』は4月5日よりノーカットで公開。ピエール瀧容疑者が出演している旨をポスターや上映前のテロップなどで明示する。