韓国で激安整形クリニックに行ってみた! 日本国内との仕上がりの差は…?

 整形や痩身に関する施術が、どんどんカジュアル化している。症例数が増えたことで医療ミスが減ったことや、値段もどんどん安くなってきていることが要因と考えられる。特に韓国ではこのカジュアル化と低価格化が本格的に進んでいる。渡航費を入れても、日本で施術を受けるより安いということで、韓国にわざわざ「整形旅行」しに行くという女子もいるほどだ。しかし、知らない土地で受ける整形痩身施術…不安や怖さはないのだろうか。実際に国内でも整形施術を体験しているライターが、「国内と韓国の整形施術の差」をリポートする。


 今回施術を受けたのは人気の観光スポット、明洞にある日本人にも人気のクリニック。日本語の案内サイトがあることもあり、訪れたときは、平日だったにも関わらず日本人が多くいた。二重手術や鼻整形など、オペが必要になる施術はどこで手術しても「経過観察」が必要になる。そのため多くの患者はダウンタイムのない注入系やレーザーによる施術を受けるとのことだった。

やっぱり安い!ものによっては半額以下に


 ということで、記者も注入系の施術を受けることにした。涙袋や頰に女性らしい膨らみを出すヒアルロン酸や、顔のエラや肩こりの筋肉を収縮するボトックスなどだ。これらは日本でも施術を受けることができるが、日本ではだいたい大手クリニックでも涙袋のヒアルロン酸で2万円ほど、肩こりのボトックスなどは質のいいアメリカ産のものだと5.6万円くらいの価格感になる。

 ちなみに金額のカウンセリングは日本語が分かるカウンセラーが対応してくれる。日本でのカウンセリングほどスムーズにはいかないが、こちらの希望や質問にはしっかりと答えてもらえる。

 今回の施術に関しては、顔エラのボトックスが日本円で1万3000円、顎のヒアルロン酸が1万円、涙袋は8000円ほど。肩ボトックスもアメリカ産で2万8000ほどと、こうしてみるとやはり値段は安い。

安いとなると……気になる痛みなどの不安点は


「安いということは、何か安いなりの理由があるのでは……?」。つい勘ぐってしまうものだ。ということでここからは施術に関するリポートをしていく。

 施術前の待合室にはぎっしりと日本人がおり、そこで施術箇所に麻酔クリームを塗られる。日本でも注射治療は麻酔クリームか痛くない注射針などで痛みを軽減するので、痛み対策についてはさほど変わりはない。

 そして施術に入る。日本ではデザインの決定などを医師と話し合うが、医師は日本語を話せない場合も多いため、こちらでも通訳カウンセラーがつく。そして自分の要望はしっかりと伝えられ、施術に入る。

 痛みに関しては注射系施術は日本とさして変わらない印象だった。箇所にはよるものの、基本的には注射の痛みに耐えるだけだ。

 痛みを感じる場合はカウンセラーにそれを伝えれば、麻酔クリームを足してもらえる。安いからといって、この辺りには不安要素はあまり感じなかった。

デザインと仕上がりも不満なし!


仕上がりに不満、不安はないのだろうか。ビフォーアフターを写真でチェックしてみよう。
1 2>>>
EXILE・橘ケンチ「日本酒を通じた出会いはプライスレス」
ANA×billsのコラボ機内食が実現! 5月から東京発ホノルル線で登場
道端カレンと尼神インター、メルセデス・ベンツ社長から花を贈られ「女ごころを分かってる」
次世代エコノミーを学生と議論。「BEYOND 2020 NEXT FORUM」プロジェクト本格始動
「津軽三味線の魅力を伝えたい」KIKI(津軽三味線デュオ・輝&輝)
人、家、車がつながって進化する「EQ House」[Part.2]