【インタビュー】山﨑賢人 × 広瀬アリスが
33年前の学園の秘密を解き明かす!『氷菓』
EXILEのTETSUYAも絶賛連載中!
「DANCEの道」
好評連載!
「黒田勇樹のハイパーメディア人生相談」
人気のレストランから食べ放題まで
東京の「グルメ情報」が満載!
TOKYO HEADLINEは
「TEAM BEYOND」メンバーです

『Mercedes me』スマホ操作で駐車! リモートパーキングアシストを体験してみた!

2017.11.21Vol.700ニュース
① 駐車できる空間を車が検知  運転者が駐車位置検知モードをオンにして低速走行すると…クルマが駐車できるスペースを発見してお知らせしてくれる。

ワタシがもっとメルセデスとコネクト!
つながる情報発信拠点『Mercedes me』スタート

2017.11.21Vol.700ニュース
 2011年7月に“つながる・つなげる”をコンセプトに、六本木に誕生したメルセデス・ベンツのブランド情報発信拠点「Mercedes-Benz Connection」が、新名称「Mercedes me」となってリニューアル。誰もがもっとメルセデスと“つながる”新時代のサービス&システムに注目!

敏感肌のための保湿スキンケア【プレゼント】

2017.11.21Vol.700プレゼント

 敏感肌用スキンケアブランド「Arouge(アルージェ)」がリニューアル。長年の皮膚病薬研究と製薬会社のノウハウを基に2001年に誕生した同ブランド。安全性と有効性、心地よい使用感から敏感肌で悩む人から広く支持されている。“敏感肌にとって本当に必要なものとは何か”を追求し、独自のナノ化天然セラミドによる敏感肌のための機能性保湿「アルージェのバリア保湿」で健やかな肌に導くスキンケアを提案。リニューアルを記念し、細かいミストが肌にすっと浸透し、角層の奥までみずみずしくうるおうローション「モイスチャー ミストローションⅡ」(しっとり・150ml)を読者5名にプレゼント(係名;「アルージェ」)。

『ダンシング・ベートーヴェン』試写会に10組20名【プレゼント】

2017.11.21Vol.700プレゼント
 日本でも絶賛された『ベジャール、そしてバレエはつづく』のアランチャ・アギーレ監督が、空前絶後のプロジェクトに密着した壮大なドキュメンタリー!  1964年にブリュッセルのシルク・ロワイヤルにて初演され、20世紀バレエ史上に残る傑作と謳われた伝説のステージがある。それが、天才振付家モーリス・ベジャール率いる20世紀バレエ団が踊ったベートーヴェンの最高峰『第九交響曲』の舞台だ。世界各地でセンセーションを巻き起こすも、1999年のパリ・オペラ座のパリ公演を最後に途絶え、ベジャール亡き後、再演は不可能とされてきた。80人以上のダンサーにオーケストラとソロ歌手、合唱団を加え、総勢350人に及ぶアーティストが必要となる本舞台は長年、上演が実現することはなかった。だが2014年、東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作により空前絶後の一大プロジェクトが実現。アーティストたちの過酷な練習やリハーサル、それぞれの苦悩や情熱にも迫り、奇跡のステージが生まれるまでを臨場感満点に描き出す。  12月23日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開。 <試写会の応募について> 【日時】12月19日(火)19時〜 【会場】ニッショーホール(虎ノ門) 【応募の〆切】2017年12月10日(日) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3096

塚地がイケメンバラエティーでMC「イケメンは敵」

2017.11.21Vol.700エンタメ
 TSUTAYAが運営する動画配信サービス「TSUTAYA TV」初のオリジナル作品『イケメンプラネット』が配信をスタートさせた。同番組は、俳優、モデル、格闘家、ダンサー、声優などデビュー間もない若手イケメン20名が、さまざまなチャレンジに立ち向かう“日本一イケメンが集まる”ドキュメントバラエティー。与えられたさまざまな困難な状況の中でも、イケメンはイケメンのままでいられるのか、という点が見どころだ。MC は、お笑い芸人で俳優としても活躍する塚地武雅と広瀬アリス。

EXILE MAKIDAIの“ガンダム愛”がアムロに伝わった!?

大尊伸光が迷言「力だけじゃ勝てないということを力で分からせてやる」【12・17修斗】

内藤が1年ぶりの復帰戦で北原に1RKO勝ち【11・19修斗】

2017.11.20Vol.Web Originalスポーツ
1年前の悪夢を払しょくする強烈右フック
 プロフェッショナル修斗公式戦「Shooto gig Tokyo Vol.23」(11月19日、東京・新宿FACE)のメーンで行われたフライ級のトップファイター同士の対戦、内藤頌貴vs北原史寛の一戦は内藤が1R1分7秒、KOで勝利を収めた。  内藤は昨年11月に格闘技イベント「GRAND SLAM」でZSTフライ級王者の伊藤盛一郎と対戦し、序盤は優勢に試合を進めたものの、伊藤のニンジャチョークの前に失神負けを喫して以来の復帰戦。  北原も昨年開催されたフライ級のインフィニティリーグ公式戦でのオニボウズ戦以来、約1年ぶりの復帰戦。ともにフライ級の中心選手ではあったが、この1年の間に形勢は大きく変わり、サバイバルマッチと位置付けられる試合となった。  1R、内藤は右のインローから試合に入る。北原はタックルに行くが、距離が遠く内藤はバックステップで難なくかわす。内藤のインローに業を煮やした北原がパンチで踏み込んだところ、内藤のカウンターの右フックがドンピシャのタイミングで決まり北原はダウン。内藤が追撃のパウンドを連打したところでレフェリーが試合を止めた。

KEYWORDでみるニュース

合区解消

 自民党は11月16日、党憲法改正推進本部(本部長・細田博之元幹事長)の全体会合を国会内で開き、参院選の「合区」解消に向け憲法47条を改正し、各都道府県から1人以上の議員が選出される規定を設ける方向で一致した。会合では、「選挙に関する事項は法律で定める」と規定している現行47条に、「改選ごとに広域的な地方公共団体(都道府県)の区域から少なくとも1人が選出される」との趣旨の条文を加える推進本部案が示された。

J1初昇格

 サッカーJ2の長崎が11月11日、讃岐を3-1で破り自動昇格の2位以内を確定。初のJ1昇格を決めた。今季は経営問題が続々と発覚。J1ライセンス剥奪、J3降格もささやかれた危機を乗り越えた。長崎は4月に選手らの給料未払いが生じる可能性さえ出たが、5月に地元の通信販売大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)が子会社化し経営が安定。8月末から12戦負けなしの安定感を見せていた。

チバニアン

 地球の歴史で約77万~12万6000年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しとなった。この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを1次審査で破った。正式承認までさらに3段階の審査があるが過去に作業部会の結論が覆ったのは例外的なケースだけで事実上の決着となった。今回の年代はネアンデルタール人が生きていた「第四紀更新世」の中期に当たる。

核攻撃命令

 核戦力の運用を統括する米戦略軍のケーラー元司令官は11月14日、上院外交委員会が開いた公聴会で、大統領から核攻撃の命令があったとしても軍が「違法」と判断した場合には拒否することができるとの認識を示した。ケーラー氏は軍の指揮系統を通じて軍事的な必要性などから命令が適法かどうかを判断するとし、「米軍はやみくもに命令に従うわけではない」と強調した。一方、ボブ・コーカー委員長は「命令が下され、確認されれば、それを覆すことはできない」という見解を語っている。

田園都市線

 東急電鉄田園都市線は11月15日午前5時35分ごろ、電車に電気を供給する架線が送電できない状態になり、渋谷-二子玉川間で約4時間半にわたり運転を見合わせた。田園都市線渋谷-二子玉川間は「新玉川線」として昭和52年4月に開業した地下区間。昨年4月以降に設備不良などのトラブルが5件相次いでおり、今年10月19日朝にも三軒茶屋駅で停電が発生している。

大人気“リボンボトル”、今年はアタリ付き!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.11.20Vol.700グルメ
「昨年発売し、大好評だったコカ・コーラの“リボンボトル”を今年も発売します。『コカ・コーラ』ウインターキャンペーンの一環で、キャンペーンテーマ『一年の感謝をこめて“リボンボトル”で“オドロキ”を贈ろう!』にちなみ、ラベルがまさかのリボンになるという“オドロキ”を提供しています。昨年はコカ・コーラとコカ・コーラゼロの2本だけでしたが、今年はそれにコカ・コーラゼロカフェインを加えた3本で展開します」  そのほか、今年は“オドロキ”のプレゼントも。 「今年、一番変わったのは、リボンを引っ張ると、オリジナルケーキが当たるくじが付いているところ。去年は単に紐を引っ張っていただくとリボンになるだけだったため、リボンになると知らなかった、あきらめてしまったという声も。その辺を今年は周知していただくために、アタリくじをつけました。当たった方は、コカ・コーラのサイトから必要情報を入力し応募が完了。パティシエの辻口さんプロデュースのオリジナルケーキをお届けします。チーズケーキ、チョコレート、バームクーヘンの3つの味から2つを選んでハーフ&ハーフのケーキにしてプレゼント。ホールケーキの大きさで2つの味が楽しめる“オドロキ”を体験していただけます」  キュートな“リボンボトル”はSNS映えしそうですね。 「そうなんです! パーティーシーンが多くなる中、このボトルが置いてあるだけで、パーっと華やかになりますし、会話も弾みます。リボンを作る動画を含め、SNSにアップすると反響も多いので、試してみて下さい」

日本初開催!お台場で大型ガンダムフェス開催/11月20日(月)の東京イベント

2017.11.20Vol.Web Originalスポット
『機動戦士ガンダム』シリーズの日本初開催となるイベント「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」が、20日から2018年1月8日までダイバーシティ東京 プラザにて開催される。

溝端淳平×忍成修吾×温水洋一 舞台『管理人』が11月26日からシアタートラムで上演開始

2017.11.20Vol.700注目の人
 日本でもコアなファンの多い英国のノーベル文学賞作家ハロルド・ピンターの作品。その中でも世界的にも最も上演されている『管理人』が11月26日から東京・シアタートラムで上演される。出演する溝端淳平、忍成修吾、温水洋一に話を聞いた。

EXILE AKIRAの“ミフネ愛”が止まらない!?

2017.11.20Vol.700エンタメ
ドキュメンタリー映画『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』でナレーション  日本を代表する映画スターである故三船敏郎のドキュメンタリー映画『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』が2018年春にスバル座他にて公開される。  この映画は、アカデミー賞監督であるスティーブン・オカザキ監督による作品。三船の家族や親交の深かった俳優やスタッフ、国内外の映画関係者への膨大なインタビューと貴重な映像で三船の波乱万丈の人生や、その精神を描いている。  2016年には三船がハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの殿堂入りを果たしたことからアメリカでも三船の人気が再燃。全米30都市以上で上映され大ヒットを記録した。また、ベネチア国際映画祭をはじめとした世界各国の映画祭で上映されその作品性が高く評価されている。  国内外を問わず、特集上映といった形で今でも多くの三船作品が上映されていることもあり、古くからの三船ファンにはもちろん、若いファンも多い三船。また映画人、アーティストの中にも「三船ファン」は多いのだが、中でもEXILEのパフォーマーで俳優としても活躍するEXILE AKIRAはかねてより三船の大ファンであることを公言するほど。  本作ではそのAKIRAがナレーションを務めることも大きな見どころ。  10月には渋谷で「世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎映画デビュー70周年記念展」が開催。その記者発表会に登壇したAKIRAは「中学校のころに『七人の侍』を見て、あの野獣のような生命力。芝居なのかドキュメンタリー映画なのか?というくらい迫力のある芝居に衝撃を受けた」と振り返る。また好きな作品として『蜘蛛巣城』をあげるや「今まであんなに迫力のある死という演技を見たことがない」などとその“ミフネ愛”はとどまることがなかった。
今週のひとこと One-Word-Header 一覧へ
白鵬が日馬富士による貴ノ岩への暴行問題について「実際は手を出したのは事実。ビール瓶では殴ってない」(11月16日)
→殴ったことは殴ったんだもんな。