もっと相手を気遣ったセックスを…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・後編【田口桃子の脱こじらせへの道 第55回】

2017.09.11 Vol.Web Original
 前回に引き続き特別版として、期待の新人エロメン・夏目哉大さんへのインタビュー。  着エロをはじめとして、バラエティに富んだ経歴を経て、女性向けAVに出ることになった夏目さんですが、今回はプライベートの性生活や、今後の展望などを伺ってみました。

着エロから女性向けAVへ…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・前編【田口桃子の脱こじらせへの道 第54回】

2017.09.08 Vol.Web Original
 今回は特別版としてお送りします。  以前にも劇団Rexyのインタビューをここでやらせていただいたんですが、今回は今年4月にデビューしたばかりの期待のエロメン・夏目哉大さんに、お仕事のこと、女性の性についてなどいろいろうかがいました。

“別れた彼”からの誘いを断る勇気【田口桃子の脱こじらせへの道 第53回】 

2017.08.25 Vol.Web Original
 今年も芸能人や政治家の不倫のニュースばっかりだなぁと、ワイドショーを見ていて思います。    もちろん、そういった業界に不倫が多いということではなく、彼ら彼女らは人前に出る仕事をしているために、明るみにでたときに反響が大きいということで、世間一般でも不倫をしている人は決して少なくないと思います。  芸能人だったら活動を自粛したり、政治家は辞任をしたり。一般人でも、職を追いやられたりすることもあります。要するに、不倫恋愛が終わった(もしくは終わらされた)あと、もう「そういう気持ち」がおきないような状況を作ること。それが関係を清算するということなのかな、と思います。  これは、不倫でなくても恋愛が終わったあとも同じですね。好きだった人と同じコミュニティにい続けるのがつらいのは、「そういう気持ち」を抱くことを許されなくなってしまうから。自分の気持ちを否定するのはとてもつらいことです。  さてそんなわけで、今回はこんなテーマを取り上げてみます。

女が男の「喘ぎ声」を聞きたいワケ【脱こじらせへの道 第52回】 

2017.08.11 Vol.web Original
 おとといはananの毎年恒例SEX特集が発売されましたね。今回はGIRL'S CHの掲載はないのですが、同じくSODグループのSILK LABO監修のDVDが付録としてついています。このときばかりは女性も堂々と、いや、男女ともに堂々とセックスについて語り合える時期なので、この機会にぜひ、ananを口実にいつもできない話をしてみるのはいかがでしょうか。  ananは女性誌ですが、女性の性欲について世間的に認知されたのは、この5年くらいのことだと思います。SILK LABO、そしてGIRL'S CHも、そのブームを引っ張り、引っ張られながら現在までたくさんの方にご支持いただいています。女性も性に対して積極的に発言したり、考えたりするようになってきました。  一方で、男性は性に対して受身になりたがる傾向もあります。それはAVの作品を見ても明らか。痴女もの、複数女性とのハーレムシチュエーションなどは、毎月いくつもリリースがあります。しかもそれは15年も前からあるブームだそうなのです。弊社の創業者いわく、創業期は「男性が女性を責める」という内容の作品が売れていたようですが、15年ほど前からそれが逆転。「男性が女性に責められる」という内容の作品の売上が、逆転して伸びたらしいのです。  男性の心の中には、女性から責められたいという気持ちがあるのでしょうか。あるいは、仕事や社会生活に疲れて、妄想の中だけでも受身になりたいという願望の現われなのでしょうか。  そんなわけで、今回はこんなアンケートを見てみたいと思います。